2023年大分県知事選出馬を決めた安達きよし参議院議員の印象に残る出来事を紹介

引退表明をした広瀬知事は後継者を指名していないことから、今後面白そうなことが起きそうな2023年大分県知事選。

大分県知事選に出馬することを決めた2019年から現職新人国会議員の安達きよし参議院議員(特定野党系)。

心高身低で誠実な人柄であることから、大分県知事の大本命となるであろう参議院議員をいち早く先取りしてほしい。

特定野党国会議員である大分県知事に立候補した安達きよしさんの印象に残る出来事を詳細に紹介していきます。

スポンサーリンク

2023年大分県知事選に立候補した安達きよし参議院議員の印象に残る出来事を紹介

特定野党系の候補者として「エリートの俺に反対なら戦争に行け!」のロシア擁護国会議員・吉良州司さんであればそれほど驚かない広瀬知事後の大分県知事候補ですが、税金で人権侵害ができる大分特定野党側の回答を得られました。

2023年大分県知事選に立候補した2019年から現職・安達きよし参議院議員の印象に残る出来事を詳細に紹介していきましょう。

なぜ新人参議院議員の任期を全うせずに大分県知事を目指すのか?

その前に。

なぜ新人国会議員であるにもかかわらず、国民主権で得た参議院議員の残り任期を全うせずに大分県知事を目指すのか?

大分県民から参議院議員としての信任を得ているのが新人国会議員の安達きよしさんです。国民主権に対する背任と言っても過言ではない。

2期途中ならまだ理解できます。10年近くの経験があるのですから。

地方議員経験もない人物が国政の3年だけでわかったつもりになり、地方創生に取り組むのは「大分県民チョロすぎ」を隠す気がない鞍替えのように思え、政治ウォッチャーとして率直に言うと癪に障るのです。

大分県知事候補としての資質を疑います。

安達きよし議員に何の経験とキャリアがあるのだろうか?

2023年大分知事選に立候補を決めた際、安達きよし議員は経験とキャリアを大分のためにぶつけたいと述べました。

大分県と大分県民はサンドバックではありません。

地方議員経験もなく別府市長選で大敗北を経験後、参議院議員の3年ほどを経験しているだけ。

しかも参議院議員当選は、自民党との違いを明示しない数の論理である税金で人権侵害ができる特定野党の共闘と、セクハラとヘイトスピーチが得意な大分合同新聞の偏向報道で県民が騙されてたことが勝因です。

これを経験とキャリアにしている安達きよしさん。

質問しても都合が悪くなると逃げ回る。新人議員らしいバチバチとした気概を感じない国会議員であることもお伝えしておきます。

人間性を疑う珍奇な特定野党の国会議員から逃げたいとしか思えない大分県知事立候補

特定野党国会議員の人間性が問題になりました。

さわやかな風貌で誠実という言葉がぴったりな現職参議院議員が安達きよしさん。人間性と誠意がある誠実な国会議員ですので、こんな人たちの特定野党に疲れたのかもしれません。

県民党を掲げたことから特定野党の陰湿さに触れていくのであれば評価しますが、これは経験とキャリアではありません。

大分では7年前から確かに発露していた事実です。

その陰湿な国会特定野党から逃げたいだけの大分県知事立候補のように見えます。

大分県知事は安達きよしさんの駆け込み寺ではありません。

責任を持って珍奇な特定野党系参議院議員の残り任期を全うし、大分選挙区の審判を経て2期目で経験とキャリアを全面に押し出し大分県知事を目指していただけたらと願います。

安達きよしさんの国会議員としての経験とキャリアについても触れていきますよ。

改選が厳しいから大分県知事選の選択のようにも思える

今夏の参議院選では、選対本部長として足立信也さんを支えたことから2019年の共闘仲間だった共産党員からの評判はマイナスに増幅しています。

つまり改選となる次の参議院選は厳しい。

しかし大分県知事選なら「心高身低な誠実で爽やかKIYOSHI」ならワンチャンある。

チョロすぎww大分県www

「安達きよしさん、心の声が漏れていますよ」

そんな鞍替えのように見えて仕方がない。

今回の大分県知事選の出馬報道は、大分市長選から大分知事選に出馬した釘宮磐さんの鞍替えを思い出します。

安達議員の理念に地方創生がありますのでそれほど逸れた鞍替えだと感じませんが、地方知事の必須スペックである中央との繋がりはないが正解ですので、廃れる大分県の一つの不安要素です。

早期退職する若者が親に依存するパラサイトが問題になっているようですが、そんな若者を想起させられる安達きよし参議院議員。

つまり寄生される僕ら大分県民。

良識の府・参議院の無駄遣いを危惧する想いが溢れてしまいました。

権力の監視機関と息を吐くように嘘をつく特定野党の機関紙・大分合同新聞が絶対に触れないことを書いただけ。

特定野党と安達さん支持のみなさん、そんなに怒んないで。

お詫びとして、大分合同新聞から民度が高いと評価されているあなた方の人柄を紹介しておきましょう。

さて、小難しいことは終わりにしましょう。

県民党のみなさん!

印象に残る2023年大分県知事選に立候補した安達きよし参議院議員を楽しく振り返っていこうではありませんか!!

スポンサーリンク

不正選挙の疑惑が残る安達きよしさんの2019年参議院選

今夏の参議院選大分選挙区では、投票所で投票干渉した女性が書類送検されています。

似たような案件が確かに存在していた2019年安達きよしさんの参議院選です。

選挙立会人を名乗る人物による投票干渉疑惑であることを、安達きよし陣営はお忘れずに。

当ブログが問題提起すると、書き込まれた記事とコメントを早急に削除した大分合同新聞。

女子中高校生にスリーサイズを聞いていたコーナーKawainfoの削除よりも早かった!どっかの政権みたいな改ざんと隠蔽新聞社ですね、はい。

194キロ事故では厳罰化を求めるのに、同様の高速度事故では加害者に心を寄せ遺族に酷く冷たい言葉を掛けていたように、特定野党の不正疑惑には随分とお優しいポリティカルクリーニング屋の大分合同新聞でした。

どう?

大分県、すごいだろ?

スポンサーリンク

茂木外務大臣と外務省官僚から英語添削と文書の履き違えを指摘される

  • 茂木外務大臣(当時)から高校生レベルの英語添削を受ける
  • 英文の主語を外務省官僚から教えられる
  • 交渉過程のアメリカ側のレジュメを合意文書と履き違えて質疑した

すごい人を大分選出国会議員にしたなと感じた国会質問でした。政策秘書が不在時期だったのでしょうね、かわいそうに。

全面的な非が安達きよし参議院議員にしかないのに、ムッとした茂木大臣と責任転換するところなんて特定野党の気質十分です。

英語が不得意なのに無理するあたりも特定野党気質で、こんなところもかわいいです。

やばくなった仲間は平気で切り捨てる特定野党議員から冷笑を帯びた拍手が、この気質を証明しています。

日本を代表する鉄鋼メーカーがこんな読解力と致命的な勘違いで海外と交渉している事実に驚きました。自民党同様に国会議員のレベルに驚いた出来事です。

ヘイトスピーチも躊躇わなくなった大分合同新聞の顔コラム東西南北風に言えば、民度が高い人ですね。

これからの廃れていく大分県に必要な人材です。

2023年大分県知事選で安達きよしさんに反対なら戦争に行かなければならない県民

一連のロシア擁護で起きた「エリートの俺に反対なら戦争に行け」の優生思想と憲法9条破壊国会議員有志の会代表・吉良州司さん発言に対して、護憲派の安達きよしさんに質問しました。

返答は、吉良議員の反対派日本国民に対する武力行使要請発言は平和主義に基づく。

これは驚きました。

政治理念から大きく逸れていることに議員自ら気付いていない。大分県知事選に出馬する前に護憲派主権者への背任として議員辞職レベルです。

質問は「優生思想に基づき、反対派国民に武力行使要請をした国会議員の事実に対し護憲派として容認するのか?」ですが、慄然する回答をした憲法を理解できていない護憲派国会議員安達きよしさんです。

こんな回答しかできないから、あんな国会質問しかできないと溜飲が下がりました。

憲法9条を守りたい大分合同新聞や市民団体から担がれる護憲派特定野党国会議員(吉田・吉川議員)からはゼロ回答という不可解な事が起きた憲法9条護憲派色が鮮やかな大分県

誠実で心高身低の姿勢は評価しますが、吉良議員と有志の会所属議員同様に、優生思想と憲法9条破壊国会議員の仲間入りをした大分県知事候補者の安達きよしさんです。

声を聞くけれど中身がからっぽなどこかの首相とよく似ていますので、国政の流行として最適な首長になるのではないでしょうか?

優生思想と憲法9条破壊国会議員を否定しなかった大分県知事候補の安達きよしさん

吉良さんの優生思想や反対派武力行使要請発言を否定しなかった護憲派・安達きよし参議院議員。

2023年大分県知事選で優生思想を持つ安達きよしさんに投票しない大分県民は戦争に行かされる可能性が高いですので、みなさんはご自身をお守りください。

僕は震えながら投票所に向かうことになりそうです。

また首長候補者が優生思想を否定しなかったというのも興味深い。こんな候補者が福祉を口にしたら、発狂しましょう。

再び送った質問を無視し続けている未来の大分県知事候補安達きよしさんの返答を、いまでもお待ちしております。

税金で人権侵害を行うことも躊躇わない排他的な特定野党支持者とは異なり、対話の門はいつまでも開かれていますよ。

スポンサーリンク

北朝鮮ミサイル発射でマンセーする可能性が高い安達きよしさん

相次ぐ国会決議に棄権する常習犯であった今夏参院選に落選した足立信也さんは、北朝鮮ミサイル反対決議にも棄権した過去があります。

つまり足立信也さんは、北朝鮮マンセー国会議員でした。

足立さんの選対本部長でしたので、この系譜を受け継ぐ可能性がある。

国防は地方行政において避けても良いように思われますが、中国や北朝鮮の戦略的動向として一般市民へ浸透に重きを置くことから今までのようには行きません。

ここは対話で詰めていきたい。

「大分県知事候補である安達きよしさんは北朝鮮ミサイルにマンセーしますか?」と北朝鮮と関係性が深い大分県教職員組合(日教組)の前で安達きよしさんに聞き続ける72時間ドキュメント企画を提案します。

なに?

渡航自粛中の北朝鮮訪問の大分県教職員組合、そして韓国の親北側がよく使う慰安婦を学ぶツアーで大分合同新聞も協力した旅行法業違反について蒸し返します?

大分大学のIP偽装した日教組教育者から税金で人権侵害を受けて我慢しかしていないこちらとしては、構いませんよ。

ぜひ大分県知事候補者であり北朝鮮マンセー候補者の安達きよしさんも参加して、言論をぶつけ合いましょう!

空が白むまで煌々とする大分県庁へ

夜遅くまで明るい大分県庁で働く公務員のみなさん、お疲れ様です。

安達きよしさんは否定されるでしょうが、知事になれば空が白むまで煌々とする大分県庁を作る可能性があります。

数ヶ月くらい前に話題になった官僚に恫喝をやめるヒアリングを所属議員に通達した立憲民主党。森友の赤木さん問題でなぜかここには絶対に触れない特定野党の自粛です。

国会質問のために官僚を恫喝というパワハラで吊し上げていた特定野党の事実徹底無視して、このツイート。

恫喝とパワハラで官僚を吊し上げ、国会質問のために残業を強いていた特定野党の蛮行を理解する気がないようなので、空が白むまで煌々とする大分県庁を目指しているのかもしれません。

自殺の名所となっている大分県庁のさらなる知名度拡大に危惧します。

特定野党国会議員が赤木さんを吊し上げたなんて一言も書いていません

赤木さん叱責は立憲議員が関与しておらず保守側が敗訴のニュースがあると大分左翼からクレームを頂きましたが、当ブログは一言も特定野党国会議員が赤木さんを吊し上げたなんて書いていません。

安達きよしさん譲りのその不安定な読解力に呆れます。

赤木さんの上司にあたる人物は、特定野党の攻撃を指摘している事実があります。

【詳報】森友学園 改ざん経緯説明の音声データ その内容は | 注目の発言集 | NHK政治マガジン
森友学園をめぐる一連の問題で決裁文書の改ざんに関与させられ自殺した男性の上司が国有地の値引き売却や改ざんの経緯について男性の妻に説明した音声データを妻の弁護士が報道機関に公開しました。その内容の詳細です。報道機関に公開された音声データは去年3月、赤木俊夫さんの自宅を一周忌...

また恫喝ヒアリングをやめるように、立憲幹部が所属議員に通達したのは事実です。

「官僚いじめ」批判の立民、言葉遣いにピリピリ…「追及の場でない」とヒアリング出席議員にクギ
【読売新聞】 立憲民主党が、共産党などと合同で行っている省庁からの「国対ヒアリング」で、官僚に対する言葉遣いに気を使っている。公開の場で官僚を追及する姿が過去に「官僚いじめ」と批判を招いたためだ。 進行役を務める立民の山井和則国会対

何も問題がなければ、このようなクギは必要ありません。

官僚を特定野党国会議員が恫喝をしそれに精神的なダメージを受けた人物がいるから、このようなクギが刺されたことも自称人権派の大分左翼が想像できないことが致命的であり、大分の縮図をみた気分です。

2つの紛れもない事実を歪曲する大分左翼は、まず文章を読めるようになり、特定野党には随分とお優しい大分合同新聞しか読まないその狭窄から卒業し、事実という広い視野を持ってから、批判していただきたいです。

あともうひとつ。

ここまで安達きよしさんの不都合な事実をあげているのに、すべて無視して、ここだけに関心を持つ意識が理解できません。

まず安達きよしさんと大分左翼の不都合な事実から解明していくのが先ではないでしょうか?

大分左翼が大好きな「民主主義の危機(大分左翼が起こしたマッチポンプ)」の発露に対し完全無視は、いかにもご都合主義なアレだなと率直に感想を述べます。

スポンサーリンク

リツイート力が高い安達きよし参議院議員

「広瀬知事は発信力がない」なんて書いている地元お笑い新聞社がありましたが、おんせん県おおいたや宇宙ノオンセン県オオイタって大分県じゃなかったのですね。

東京ディズニーランドみたいなものでしょうか?

そんな新聞社に影響を受けた思考停止の敬虔な県民から、発信力がある大分県知事を求める声も多いです。

安達きよしさんの発信力を見てみましょう。

当選時から自身の言葉で発信していましたが、今夏の参議院選あたりからおかしくなりました。

選対本部長であるにもかかわらず、リツイート、リツイート、リツイート。

ツイッター芸人である蓮舫議員さんといい勝負の中身がない発信。

大分県知事になれば、リツイートで埋め尽くされるいつか見た地獄のいいところのような安達きよしさんの発信力に期待です。

当選したら、リツイート知事って呼んであげる。

「随分と変わった」と婦人から評されたこんなおちゃめな広瀬知事のツイートを紹介しておきましょう。

本人が発信していないでしょうが、こんなおちゃめな素材を提供したのは広瀬知事です。

なんでも難癖つける先鋭化する左翼の特定野党支持者みなさん、いつもおつかれさま。

先鋭化する大分左翼の国民主権にぴったりな大分県知事候補

差別を助長する言葉として今まで嫌っていた「民度」・「反日」を、国葬反対を正当化させるために使ったヘイトスピーカー大分合同新聞。

節操という言葉すら忘れてしまった大分左翼の機関紙です。

OBS番組審議会から出演者のバランスが良いと称賛されるサンモニをなぞった論客が寄稿する大分合同新聞の灯。

画一化を嫌う論客なのに、国防意識が高い世界的な動きに対し「ファシズム・極右・戦争への道」と画一的な意見が恥じることなく平然と書かれる。

そんなに関心が高いなら、優生思想に基づく憲法9条破壊国会議員・吉良州司さんを紹介していますが、なぜか無視する大分左翼。

女子中高校生を含めた大分県民にスリーサイズを聞いていた過去を持つのにMeToo運動ができる大分合同新聞で大活躍する、何を解決したいのか理解に苦しむ大分合同新聞の大分左翼な論客たちです。

ひろゆき氏の沖縄基地運動で明らかになったように、極端な左翼の先鋭化が大分でも目立つようになりました。

ヘイトスピーチをするまでになった大分合同新聞然り。

「右や左なんて言っている場合じゃない」と政治思想の無色を打ち出した安達きよしさんですが、先鋭化する大分左翼から支持される大分県知事候補であるのは事実。

つまり税金で人権侵害をためらうことなくできる大分左翼なのです。

安達きよしさんは息を吐くように中立であるという嘘をつかないでください。

特定野党支持者であれば税金で人権侵害ができる排他的な大分県へのさらなる加速を危惧します。

スポンサーリンク

2023年大分県知事選で安達きよし参議院議員に向けた落選運動を開始

自分たちが問題にしてきたのに自分たちに火の粉が降り注げば無関心を貫ける人間性の集合体が大分県の特定野党支持者と、セクハラとヘイトスピーチに定評がある大分合同新聞の偏向報道に思考停止で従う敬虔な大分県民。

そうはいっても、温かい人間性は確かな県民。

そんなからくりな大分県にとっては、よく似合う大分県知事が安達きよし参議院議員かもしれません。

みなさんもお気付きのように公職選挙法に従った落選運動の体をなす紹介ですが、2023年大分県知事の大本命な安達きよしさんです。

2023年大分県知事選に立候補した安達きよし参議院議員に向けた落選運動の開始を宣言します。

大分論壇
スポンサーリンク
シェアする

お問い合わせやメッセージについて

当サイトはこのような取り組みを行っています。SNSと異なりIPアドレスをすぐに把握できます。行われた場合は必ず実行しますので、よく理解してコメントやお問い合わせをしてください。

    大分論壇