「サンモニは出演者のバランスが良い」OBS番組審議会の衝撃

OBSニュース

表現・思想・言論の自由ってやっぱり素晴らしい。

護憲派であれば基本的人権の根幹であるあらゆる自由を税金で侵害できる大分県。大分放送・OBS番組審議会「サンモニは出演者のバランスが良い」に衝撃を受けました。

スポンサーリンク

おおいたくおりてぃーなOBS番組審議会「サンモニは出演者のバランスが良い」

まったく問題ないです。

委員が「サンモニは出演者のバランスが良い」と感じたのですから率直な意見でしょう。

しかし我慢はできません。

「大分県教委・日教組」のワードで慌てて逃げた大分県教委汚職事件の関与が疑われる護憲派教育者が言論封殺を税金で起こした日が6月5日。その日が大分の芸術に大きな貢献をしたことからアルゲリッチの日となった大分県。

どこにも真似できない「おおいたくおりてぃー」を持つこの県から出てきた意見であるからこそ、尊重します。

ところで「バランス」ってなんだろう。

審議します。

汚染水偏向報道で揺れた番組

日曜朝からあらゆる思想を持つ方の血圧をあげ、高齢者の健康の源でもある番組サンモニは、いろいろと物議を醸す番組です。

処理水を汚染水と発言し「デブリもしそう」とコメンテーターが平気で発言したのも記憶に新しい。

あれだけいつも科学やエビデンスを用いてフェイクニュースを忌み嫌うバランスが取れたサンモニ出演陣ですが、この「汚染水」について異議を唱えるコメンテーターは皆無です。

何を根拠に「バランスが良い出演者」と委員は意見したのかと、「おおいたくおりてぃー」を感じます。

出演者は関口宏さんの事務所所属

大分合同新聞東西南北が「コネや世襲」を批判したときに、僕はなぜか長野県に行きたくなる病を発症しました。「サンモニは出演者のバランスが良い」を見たとき、この発作が起きましたよ。

「長野いきてー」って。同時になぜか「大分県教委汚職事件」も思い出しました。

サンモニファンからすれば、出演者は司会の関口宏さんの事務所所属で固められているのは周知の事実。

それでも「出演者のバランスが良い」に見えるのが、税金で思想の自由を侵害できる「おおいたくおりてぃー」なのかもしれません。

自分たちのイデオロギーを否定されることなく、電波に乗せることができるバランスが良い出演者たちであるのは間違いないです。

社会の安定よりもイデオロギー重視な大分と日本

番組審議会において「バランス」の定義は「公平」になるはず。

対立している問題に対し、多角的な視点で論点をはっきりとさせることが「バランス」です。

残念ながら、サンモニの出演者にそんな方はいません。

ひとつのイデオロギーに邁進する番組に「バランスが良い出演者」なんて評価されると、そのお仲間から税金で人権侵害を受けた僕は我慢できなくなります。

イデオロギーが合致しなければ、共有するべき社会問題に取り組めない大分や日本。

サンモニはバランスが良い出演者が事実であれば、特定野党支持の護憲派教育者が税金で人権侵害・女子中高生にスリーサイズを聞いてMeToo運動の大分合同新聞社など、これら大分の人権問題はもう解決しているはず。

イデオロギーにおいて繋がっていることから人権問題にできない二重基準の大分ですよね?

偏ったサンモニと遜色ありません。

マスメディアの役割として、視聴者に公平で公正な意見を提供すること。

これが審議できないのであれば、番組審議会なんて必要がないと感じます。

「コロナ禍におけるお茶会」の発言でしたら、ごめんなさい。

放送法から見た審議会

放送法が適用されないと感じるのですが、OBSでこんなことがありました。

OBSは大分市議会特番をYoutubeで放送していました。出演者は村津アナと賎川アナ。自民党議員の落選が相次いたことからコメントで「自民党が落ちると嬉しいアナウンサー」と流れてきます。

それに対して「そのようなことは一切ございません」と賎川アナがぴしゃりと諭したのです。

特定野党が大嫌いな僕から見ても、お二人が自民党議員が落選したことに「ヨロコビムカエル」の感情は持っていなかったと感じます。村津アナは落選した候補者の「笑顔の南風」がお気に入りでしたが。

僕はOBSに公平な放送局のイメージを持っています。そして表現思想言論の自由を矜持にする放送局だと感じます。

番組制作をするスタッフが報われてほしいし、そこから僕は問題を共有し、笑っていたいです。僕らはOBSを通して問題を解決できるはずです。

だからサンモニを過大評価したOBS番組審議会に我慢できません。

スポンサーリンク

夜のイチスタをOBS番組審議会で

「サンモニ出演者はバランスが良い」のOBS番組審議会にひとつ提案があります。

OBSで議題にしてほしい番組があります。やっぱり「おっぱいたまたま」の夜のイチスタ(土曜夜9時半のシモネタ系ラジオ)でしょう。

大分では「おっぱい」が差別的言動・女性蔑視の用語となりました。先述した護憲派教育者は税金でそう主張し、あれから6年経過しています。

慣例として「おっぱいは差別的言動・女性蔑視用語」となっている大分県ですので、OBS番組審議会に「おっぱいたまたま」を議題にしていただけたら。

その際は僕を委員として招いてほしい。「自分が気に入る意見しか認めないバランス系委員」に対するアイロニーは準備しております。

「多様性ってなんだっけ?な出演者のバランスが良いサンモニに備えるため、早く寝たら?」と、かましてあげます。

「おっぱいたまたま」の夜のイチスタが大好きな僕を、OBS番組審議会に連れてって。

コメント

タイトルとURLをコピーしました