大分合同新聞文化科学部大江謙一記者に伝えたいこの県の文化

大分合同新聞の記事を引用し批判するとGoogleからポリシー違反
大分合同新聞東西南北の誤字、反論のためにコラムをスクショで掲載すると、Googleからポリシー違反。護憲派教育者が税金で言論封殺を起こす大分なのに、都合が悪くなると著作権を持ち出すのもこの県の質。フェイクニュースっておまえらが言うから、改ざんしていないコラムが必要じゃん。

どうも。私費で運営しているサイトに教育者から税金で圧力を受けたキリギリスでーす。

焚書坑儒の理想抱く方々が多い大分の地で喘ぎ声を出すキリギリスの僕から、エンターテインメントに税金の支援を求める大分合同新聞文化科学部大江謙一記者に大分の文化をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

大分合同新聞文化科学部大江謙一記者に伝えたいどこにも真似できない大分の文化

表現することは生きること。

エンターテインメントに税金で支援することは必要です。しかしそんな当然のことをドヤ顔で芸大出身の記者から言われると…なんだか…。

正直に書きますね。癪に障る。

大分県は税金で表現の自由を侵害できる県です。

大分合同新聞の精鋭記者が登場するキーボードに「理不尽な大分県」について何度も問い掛けており、IPの巡回も確認しています。

しかしながら今までにリアクションなし。「沖縄の言論を守る」なんて抜かしていたあの頃のオラオラな大分合同新聞が懐かしいです。

だからこそ芸大出身で表現の自由の価値を理解している大江謙一記者に、アクションしたくなります。

セクハラ新聞社擁護のために税金で表現の自由を侵害する文化

大分のとある新聞社が大分や自社のイベント宣伝「Kawainfo」のコーナーで、女子中高生を含む県民女性にスリーサイズを聞いていました。

当時の女子高生の「おかしい」が発端となり、非難する記事を書くと、大分大学のIPを偽装した教育者を名乗る卑劣な人物から税金でよくわからないクレームをいただきました。

社会の公器である新聞社の児童ポルノを疑うセクハラを告発しただけです。セクハラ新聞社に非があるはず。

「セクハラ新聞社ではなくなぜ僕が悪いのか?『おっぱい』と書いた僕がそんなに悪いのか?」そう悩んだものです。

NIE(教育に新聞を)が教育現場に取り入れられ、日教組の影響力も大きいのが大分県。

当時安保法制国会時。

賛成派として大分合同新聞の姿勢に反論をしていたことから、NIEと親和性が高い護憲派教育者は当ブログがただ単に気に入らなかっただけのように見えます。

ただそれだけで、簡単に表現の自由を税金で侵害できる大分県になりました。

大分県教委汚職事件の議論で逃げる護憲派差別主義の教育者が行った言動ですが、大分県における「憲法ヲーマモレー」の方々も完全無視を決め込んでいる知性ゼロを露見した大分の社会問題です。

エンタメを税金で支援ではなく、気に入らないエンタメは税金を私物化して破壊するのが大分県の文化になっていること、それを護憲派が恥じることなく行うことについて、芸大出身の大江謙一記者や大分合同新聞はどうお考えなのか?

僕は本気で知りたいのです。

え?「女子中高生にスリーサイズを聞いていた新聞社ってどこなの?」って?

MeToo運動や女性蔑視問題に取り組んでいる大分合同新聞です。

理不尽でしょ?だから我慢できなくなり、反論したくなる。

税金で表現の自由を侵害した日が、芸術分野において大分に大きな貢献をしているマルタ・アルゲリッチさんの誕生日にちなみ「アルゲリッチの日」となった6月5日。

これも「大分のエンタメ」なんて言えるミラクルな我が大分県。エンタメを生む素質は十分なはず。

だからこそ大江謙一記者に、大分の表現の自由について取り組んでいただきたいのです。

自社におけるセクハラ問題も一緒に追及しなければいけませんので大変でしょう。

二重基準の東西南北や「偽善の多様性」をふりまくキーボードの記者たちから鑑みて、社内で辛い環境に置かれる記者が大江謙一記者になるのかもしれません。

でもひとりにしません。税金で表現の自由を侵害されたキリギリスの僕が一緒に戦います。

大江記者のまっすぐな気持ちを失わずに、エンターテインメントで生きる大分県民を記事にしていただけたらと願います。

まずアルゲリッチの日は、大分県教委汚職事件のワードで逃げた教育者が税金で表現の自由を侵害した日からいきましょう。

ご連絡お待ちしております。スリーサイズ事案の追及も受けていただけたら。

大分合同新聞のエンタメも忘れない

全く関係ないですが、エンタメとして書かずにいられない。

東西南北の政治家世襲批判コラムを読んだとき、急に「長野県」に行き、おそばを食べたくなりました。あのコラムにめっちゃ笑いましたもん。

新聞記者って、どこから来たのかよくわからない捏造されたご利益がある神様のように見えました。大分合同新聞は「二重基準の神」で矛盾した政治屋たちとその支持者たちに参拝されたらいいのに。

実現すれば、新しい大分のスポット誕生です。あ、「セクハラの神」と「偽善と欺瞞の神」も追加です。強そうな神様になりました。事実に基づいた創作の神様ですけれどね。

ああ、表現の自由って素晴らしい。

お知らせ

女子中高生にスリーサイズを聞いた過去に振り返らずにMeToo運動。「ふさわしくないスポンサー運動」を始めたのに、大分県が誇る大分トリニータのスポンサーである大分合同新聞。

そんな新聞社に少数派の僕が声をあげたら、精鋭記者たちは応えてくれるのか?「実験だよ、実験」の感覚でしたが、どうやら勘違いしていました。

意外と多方面から反応があり、僕は複雑な気分です。大分合同新聞精鋭の記者たちからアクションはまったくありませんが…。

そういうわけで単体で記事にすることにします。

今までの大分合同新聞キーボードに対するアクションはこちら。

大分合同新聞キーボードの記者に伝えたいことがあるんだ
女子中高生にスリーサイズを聞いて#MeToo運動ができる大分合同新聞のコーナー「キーボード」にアクションすることでなにか起きるのか?実験だよ、実験。

「NIE教育に新聞を」で親和性が高い教育者が税金で言論封殺を起こす大分県で、大分合同新聞の多様性溢れる精鋭記者たちは貴社の厚顔無恥な感覚をどう思っているのか?

そろそろ反応してくれよ、大分の言論におけるベストフレンド。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました