大分大学医学部教授選でまた学長が介入 今度は人権救済申立付き

1件はプロバイダに通報していますので、心当たりがある方は対応してください。開示請求をする気もありますので、謝罪するならいまのうちです。次は絶対に対応を間違えない。だからチャンスをあげます。僕は日教組教育者や左派のように狭量ではないから。

大分大学経済学部で起きた学部長選挙をめぐる学生恫喝事案は記憶に新しいですが、今度は医学部教授選。

また学長が介入し、候補に選ばれた准教授が不当な扱いを受けたとして大分県弁護士会に人権救済の申立付き。

大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate
大分合同新聞プレミアムオンライン「Gate」では、大分県内ニュースを中心に速報、イベント情報や世界の主要報道などを掲載しています。

学問の自由、アカデミックハラスメントそして人権侵害。

大分大学のIPを偽装し、税金で人権侵害(左派側の言葉を借りれば)を受けた僕から言わせてもらえば、この大学の知性を疑います。

スポンサーリンク

医学部にも介入した大分大学にガバナンスなんかねーよ

「エビデンスなんかねーよ」と発言した左派論客がいますが、言葉を借りれば「大分大学にガバナンスなんかねーよ」。

大分合同新聞も大分大学北野学長に懐疑的

24日大分合同新聞東西南北から 購読したら読める!

大分合同新聞の記事を引用し批判するとgoogleからポリシー違反
税金を使って言論封殺ができる大分県。安倍首相の言い間違いを誤字で批判した大分合同新聞東西南北をスクショで掲載すると、googleからポリシー違反。文化庁の引用5要件を満たしても言論封殺に勤しむ。大分の左派すげーよ。

大分大学に問題が起きれば総務が情報収集

この大学に問題が起きれば、大分大学総務部のIPが情報収集をします。まるでクローラーのように。スクレイピングをする。

大分大学教育学部のIPを偽装して税金で人権侵害ができる知性ゼロ教育者を確認していますが、「こんな時はIP偽装をしないんですね」と嫌味の1つくらい言わせてほしい。

ところで素朴な疑問。

君等、何のために情報収集してんの?

意識高い系が集まれば知性って動かない?

経済学部といえば、大分の気鋭憲法学者・青野准教授が有名ですが、もう大分にはいないのでしょう。

基本的人権の根幹である表現の自由を、反安倍の護憲派が税金を使い、さらに匿名性を高める卑劣な行為をしてまで人権侵害を行った。

総務が情報収集をしていれば、学内で話題になり、気鋭の憲法学者が黙っているはずもない。明確な憲法違反が学内から行われたことに憲法学者が無関心で居られるってどんな状況だろうか?

だから青野准教授は大分大学には存在しないのでしょう。憲法学者はこんなの絶対に許さない。

また総務省行政監視行政相談センターにこの件で介入をしてもらった時、大分大学の回答は「初めて知りました」だけで終わりました。

これも大分大学に知性がない証拠のひとつ。

学生へのアカハラで自殺者まで出した過去があり、さらにその後もアカハラが発覚。まったく学ばないことがわかります。

さらに突き詰めれば、大分県教委汚職事件の口利きルートとして、県教委から大分大学ルートが明らかになっていますが、この護憲派日教組教育者もその疑いがある。

特定野党支持の護憲派教育者が表現・思想・言論の自由を税金で侵害しない大分を
「コドモニージンケンヲーシュケンガー」の日教組ですが、大分大学のIPを偽装し税金を私物化して人権侵害をする護憲派立憲民主党支持の教育者ハンドルネーム豊川さんを確認。この人物は都合が悪くなると逃げました。特定したいので関係者は協力してください。

つまり突き止めることが県益です。

青野准教授は「憲法論議が必要」と説いていましたが、学内から憲法違反に間接的に加担する護憲派がいる時点でこの大学は知性がないことを認めているのです。

イデオロギーの脊髄反射で反応しているのですから、地域貢献の役割を果たせるのかも甚だ疑問。運営交付金を打ち切るレベルまで来ていると感じます。

機能しない日本の人権救済について

大分大学の護憲派日教組教育者から人権侵害を受けた時、大分地方法務局人権擁護課に相談をしました。結果、公平である姿勢で、ただのガス抜き相談室で何にもしてくれません。

「税金で行われた人権侵害だから憲法違反では?」と質問すると、「だったら裁判すれば?」と返答。

担当者名を求めても答えてくれず、総務省の介入では人権相談の秘密保持を理由に、担当者名の公表を拒否される不可思議な経験をしました。

ちなみに表現の不自由展で表現の自由を訴えた津田大介さんは、「公務員は名前を名乗らないといけない」と強調しています。

宇佐の村八分問題でも人権擁護課はまったく役にたたず、最終的に大分県弁護士会が人権の救済者となりました。

今回の医学部准教授の動きからわかるように、人権侵害を受けて辛い目にあっているのであれば、県弁護士会の人権擁護委員会(法務局の人権擁護課と間違えないように)が最も頼れる存在です。

日弁連と勘違いされることも多いですが、人権で辛い目に遭っている方は県弁護士会に相談をすることをおすすめします。

ちなみに僕は、護憲派日教組教育者が自ら名乗り出る、もしくは大分大学の鋭利な知性が復活して特定することに大分としての県益があると説きます。

日教組色が強い連合大分も協力してくれたら心強い。

連合大分佐藤寛人会長の再任と日教組は県益にならない
連合大分は日教組から「多様性ある社会」を訴える佐藤寛人会長を再任。日教組教育者が大分大学のIP偽装して税金で人権侵害をするから多様性についてのラブレター。

ここから大分県教委汚職事件の真相解明も一縷の望み。

大分大学問題で最後に割を食う人たち

知性ゼロの状態であれば、割を食う人たちの存在に大分大学は早く気付くべきです。

僕のお話ですが、完治した病気の定期検査を受けています。

年末の検査の時、放射線科の先生から「念の為にエコーを」と主治医に通達があり、主治医曰く、僕のことを診ている放射線科の先生だからこそ、強い関心を持ってくださったようです。

結局問題はなかったのですが、放射線科の先生って縁の下の力持ちだと感じました。

大分大学医学部放射線科の准教授は退職の意向ですので、結局患者さんが割を食うことになり、研究も滞ることから損失です。

あと忘れてはならないのが学生です。

経済学部では、反学部長側が都合よく学生を利用した疑惑を訴える人も根強い。これが真実であれば、教授らの権力闘争に何ら罪もない学生が巻き込まれたことになります。

また人権侵害を行う教育者も問題です。先生を育成する学部で、税金を使った人権侵害が平然として起きるのが大分大学。

そんな大学に優秀な学生が集まる未来を描けますか?真面目に大分で夢を叶えようとしている学生のモチベーションにもかかわる問題です。

大分大学理不尽問題と学長強権問題は、県全体として考えなければならないことだと強調しておきます。

大分の知性の存立の危機であり、大分の恥性の萌芽です。

スポンサーリンク

大分合同新聞は白い巨塔を被さないでほしい

24日大分合同新聞東西南北から 購読したら読める!

「まるで白い巨塔のようだ」と最初に書いたのは僕ですので、大分合同新聞は被さないでほしい。

恫喝ハラスメントを問題視しない大分大学北野学長と第三者委員会の関係性
経済学部長の任命問題で揺れている大分大学。学部長が学生に恫喝メールを送ったことを問題視しない北野学長、そして公平性がない第三者委員会。

「青い小塔」として日教組教育者のハンドルネームから名付けた「豊川豊子」が、北野学長強権と知性ゼロと人権侵害県おおいたの実態を、大分大学から小説にすることに意義があると述べました。

被せてきたことから、大分合同新聞は反省してほしい。

だから「大分大学にガバナンスなんかねーよ知性ゼロの実態」と、「大学のIP偽装をする護憲派日教組教育者を特定することに県益がある」ことで共闘しよう。

白い巨塔でいうなら、高潔な東教授役が大分合同新聞でいいよ。

白い巨塔は大分大学では成り立たない

でもさ、里見先生と大河内教授が大分大学に存在しないのが致命的。この構想自体、いや白い巨塔になぞるのも間違いなのかもしれません。

こんなに不条理なことが起きているのに、動けない国立大学に在籍できる教員の感覚がわからない。善良な里見先生と大河内教授は、期待値ゼロといえる状況。

大分大学の総務部が情報収集しているにもかかわらず、里見先生も大河内教授も生まれない大分大学。だからもう一度いおう。大分大学にガバナンスと知性なんかねーよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました