大分県教職員組合が立憲支持へ この県における歓迎と忌避

大分県教職員組合は立憲支持へ

定期大会で承認された大分県教職員組合の立憲支持。

大分合同新聞の記事を引用し批判するとgoogleからポリシー違反
税金を使って言論封殺ができる大分県。安倍首相の言い間違いを誤字で批判した大分合同新聞東西南北をスクショで掲載すると、googleからポリシー違反。文化庁の引用5要件を満たしても言論封殺に勤しむ。大分の左派すげーよ。

いま話題のネットの人権保護よりもさらに上に行く匿名性を高める卑劣なネットの人権侵害を5年前に行った教育者。

特定野党支持の護憲派教育者が表現・思想・言論の自由を税金で侵害しない大分を
「コドモニージンケンヲーシュケンガー」の日教組ですが、大分大学のIPを偽装し税金を私物化して人権侵害をする護憲派教育者ハンドルネーム豊川さんを確認。この人物は都合が悪くなると逃げました。特定したいので関係者は協力してください。

この人物は日教組特有の手慣れたクレームを税金で行いましたが、こちらが高速カウンターとして大分のモリカケ・大分県教委汚職事件の口利きルート「大分県教委・日教組・大分大学」の文字を出すと逃亡。

そんな人権侵害組合員を抱える大分県教職員組合が立憲支持を表明。そこから見えてくる県内の歓迎と忌避です。

歓迎と忌避を感じる大分県教職員組合の立憲支持

大分合同新聞によると、大分県教職員組合のこれからの選挙活動方針は以下の序列。

  1. 組織内の候補
  2. いない場合は県平和運動センター
  3. 社民党支持の次に立憲
  4. 連合大分

連合大分の会長が大分県教職員組合ですので、いろいろと体裁を繕うのに忙しい序列のようにしか見えませんが、歓迎と忌避に分かれると感じます。

スポンサーリンク

アンティファもいる立憲と大分県教職員組合はお似合い

海外デモで暗躍し渋谷で爆破予告したことでも知られたアンティファ。

立憲の石垣のりこ議員は「わたしはアンティファでもいい」と表明。テロ要員を国会議員として育成する立憲民主党は記憶に新しい。

革マル派に定評がある枝野代表は、党内をコントロールしています。

税金で人権侵害をし大分のモリカケのパワーワードだけで人権意識が180度変わり逃げ出す組合員を抱える。今回の大分県教職員組合の立憲支持は、県内で過激な政治活動の方針と受け取りました。

平和と人権を愛する大半の良識ある大分県民は「わかりやすい」意味で、大分県教職員組合の立憲支持を歓迎します。

大分の良心的な立憲支持者にとって忌避な存在が大分県教職員組合

憲法がわからない組合員が税金で改憲派に攻撃をする。これが教育者で護憲派。どんな質であればこんな組合員が生まれるのか?

僕にはわからない。

こんな支持者と同じ扱いにされたくないのが、良心的な反安倍と既存の政治から脱却したい大分県の立憲支持もしくは野党支持者の気持ちでしょう。

立憲主義を掲げているのに、憲法で認められたあらゆる自由を税金で侵害する間接的な憲法違反に加担した護憲派日教組教育者の質と同一にされたくないはず。

本物の反安倍・反自民そして立憲主義であるなら、表明するべき大分県教職員組合に対する忌避感情です。

スポンサーリンク

民主系吉良州司議員からわかる県教組への媚

最近の吉良州司議員は、イナムラテツヤ売春示談事案釈明なしのまま「子どもが大切」といった非人間的政治活動のなかで教職員負担軽減を阿ったりと、大分県教職員組合への媚が目立ちます。

県内特定野党関係者の話では、先日のメルマガでマイナンバーカードと個人の結びつきの強化を書いたところ、個人情報にうるさい民主系支持者から噛みつかれ、必死に抵抗していたかわいい吉良州司議員。

社民党が足を引っ張っていた拉致問題。被害者家族の横田滋さん死去でも、元拉致被害特別委員会委員長だった吉良州司議員は黙秘を続けています。

相変わらず「わけがわかんないよ」天の邪鬼な一面を見せています。

このように見てみると、社民を支持する大分県教職員組合の触手は常に吉良州司議員のだらしない下半身あたりを弄び、それに抗えずなにかしらを撒き散らしているようです。

新しい大分一区の野党らしい議員がほしいところ。アンテイファと税金で人権侵害容認レベルを擁立してよ。

大分県教職員組合は組合員の人権侵害に終局を

立憲支持を表明した定期大会では、学校現場負担軽減を本年度の運動方針にすることを承認しています。

金曜日のお昼前に教職員であれば生徒に、大学であれば未来の教職員に向き合っている時間帯。

そこで起きた人権侵害が大分大学IPアドレス隠蔽事件

現場負担はいまに始まったのではなく、その5年前でも起きていました。にもかかわらず、政治イデオロギーのために税金を私物化したエセ人権派の教育者。

真面目に教職員をしている先生方が不憫でなりません。

ということで、大分大学のIPを偽装し大分のモリカケ大分県教委汚職事件のパワーワードで逃げ出す組合員を特定することが信頼回復の手段だと、大分県教職員組合に提案します。

大分県教委汚職事件の口利きルート「大分県教委・日教組・大分大学」を徹底調査して、ハンドルネーム豊川さんの特定に全力を尽くしていただきたい。

税金を使った人権侵害と間接的な憲法違反であることから県教組幹部が全国民に対し、県教組が旅行業違反を犯してまでもラブ韓国が天皇陛下に求めた作法で「終局」と手を打ちます。

その後はこちらがハンドルネーム豊川さんを引き受けますので、よろしく哀愁。

大分のモリカケの真相究明に一歩前進ですよ。がんばって!

コメント

タイトルとURLをコピーしました