安倍首相を悪党にした質問をスイスインフォが受け入れる違和感

大分は教育者が税金で国立大学のIPを偽装して保守に人権侵害ができる県。それを国に相談すると、あいちトリエンナーレ表現の不自由展・その後の論点で共通する部分が多いことに気付きました。

津田大介さんは「公務員は名を名乗る必要がある」と言いますが、僕のケースでは文化庁と人権擁護課の担当者は、憲法違反事案になることから都合が悪いようで名前を名乗ってくれません。

都合よく民主主義をトランスフォームする勢力が公務員にも存在します。ちなみに左派勢力が運営する憲法カフェも僕の相談を無視しています。

日本がそんな国になっちゃったことから、家族がいる直接民主制のスイス移住を検討しています。大好きな街として触れ、移住する気持ちが強いのですが、情報提供するマスメディアのスイスインフォに困惑しました。

安倍首相を悪党とした質問を採用するスイスインフォ

反安倍勢力が「安倍首相のような悪党がスイスにいますか?」と質問し、それを採用したスイスインフォ日本版。受信料とスイス政府の財政で運営されているマスメディアです。

スイスインフォとしては「安倍首相が悪党」の定義が曖昧だから国家的犯罪を取り上げたと釈明。その後「安倍首相は悪党や国家的犯罪とは無関係」とし、「何ら意図はない」とツイッター上の抗議に反論していました。

枝野首相や山本太郎首相であっても民主主義国家日本として違和感

報われない反安倍勢力から「崩壊した」と主張される民主主義ですが、それでも選挙で選ばれた首相です。

その首相を最終的には国民に決定を委ねる直接民主制を敷くスイスの財政で運営するマスメディアが「悪党」と装飾された言葉の質問を採用した。

このスイスインフォが“良質な購読者を持っている朝日新聞”であれば見過ごしますが、スイス国民の受信料とスイス政府の財政から運営されているマスメディア。「NHKをぶっ壊す!」が話題になっていますが、この運営形態がある以上、適正な運用のように感じません。

ひとつ勘違いしてほしくないのは、これが安倍首相だから違和感を持っているわけではありません。

たとえ枝野首相またはれいわ新選組の山本太郎首相が誕生しても、このような悪意に満ちた質問の採用がスイスインフォで行われたら、民主主義国家として日本人として違和感を持ってほしい事案です。

どうして民主主義を愛する反安倍の方々が騒がないのか?その答えは利己主義から民主主義を濫用していることに突き当たるのでしょう。大分合同新聞が称える利己的な民主主義とまったく同じです。

安倍首相を悪党にする意図は本当になかったのか?スイス人に聞いてみた

スイスインフォは、安倍首相を悪党にする意図はなかったと言いますが、そうであればこんな質問は取り上げない選択肢もあった。それなのに取り上げたことは、不自然さを感じます。

他の民主主義国家も議員団を結成し視察も増えているスイス。在住する家族を通して、今回の事案をスイス人に聞いてみました。

イニシアチブ(国民が自発的に決議する)とレファレンダム(国民投票)に振り回されているスイス人が、民主主義国家の首相を悪党とした質問を取り上げるようなことはしないだろう。それ、日本人じゃないの?(笑)

このように答えてくれました。

もちろんスイスインフォ運営側が日本人であっても、反安倍主義であっても構いません。しかしスイスインフォの運営形態がある以上、民主主義のプロセスで選ばれた首相を悪党にした質問を取り上げるのは不適切です。

仮に日本人スタッフが行った行為であれば、スイスインフォを使った政治活動になります。永世中立国スイスを利用した日本人スタッフが起こした政治運動。スイスにとっても迷惑行為です。

そもそも意図がなければこんな質問は採用しません。どれだけ日本人がそして反安倍が、民主主義を理解していない表れです。

公金で運営されているからスイス大使館に尋ねてみた

スイス人から「無視されるだろうが大使館に尋ねてみたら?」とアドバイスをもらったので、中立の精神を持つスイスと日本のパイプ役である大使館にメールで尋ねてみました。

スイス人のいうように、いまのところ回答はありません。

普段は面白いコラムを書くスイスインフォを大分に広めたい

違和感を覚えましたが、普段はめちゃくちゃ面白いコラムを書いてくれるのがスイスインフォ。

韓国からGSOMIAが破棄され、防衛線が地政学上変わる可能性まで出てきた日本。今までの常識が通用しない時代。専守防衛としてスイスから学ぶこともあるでしょう。

だから日教組を愛でる教育者が税金で保守に人権侵害ができる大分に広めたい。

「スイス政府の財政で運営されているスイスインフォをぶっ壊す!」なんていう意図も、もちろんありません。

ホーム
スイスの最新ニュースや役立つ情報をスイスからお届け。バランスの取れた情報を分かりやすくタイムリーに、時に深く掘り下げ、直接民主制、教育、科学、ビジネス、暮らしなどのテーマに10カ国語(英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、アラビア語、日本語、中国語、ロシア語)で配信しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました