大分トリニータ今季のスローガン“原点回帰”から見る新体制の評価

大分トリニータ今シーズンのスローガンが「原点回帰」に決まった。原点回帰から見ると、“大分愛”に執着した新体制であることがわかる。片野坂新監督を初め首脳陣は、大分を知っているメンバーが揃った。榎新社長も、前社長の良かった部分である安定した経営を引き継ぎ、前社長にはなかったサッカークラブで重要な“クラブ強化”を明言してくれた。原点回帰は、大分トリニータを取り戻す意味合いが込められていて、評価したいスローガンである。

個人的には、ようやく地域クラブの意味合いを込める粋なことを、大分トリニータがしてくれたことに嬉しく思う。「日本人選手に10番を、特に大分出身者にこそ10番を」の想いを僕は今まで何度も綴っていたが、これが実現することになった。中津出身の松本が大分トリニータ史上初めて日本人選手が10番をつける。これこそ“大分愛”であり、大分FCの覚悟を見た。一時期地域クラブの星であり、そしてどん底を味わったクラブが息を吹き返す大分トリニータ夢物語の主人公となる選手に育ってほしい。20歳の大分出身者が付ける10番には、そんな願いも込められている。

しかし見方を変えれば、これが限界であることを証明した“原点回帰”となった。“大分愛”を全面的に出せば、このメンバーは必然的に集めることができ、そして10番を大分出身選手に付ければ、“大分愛”は容易かつ簡潔に見せることができる。片野坂新監督は3年連続コーチとしてJリーグ優勝経験をしているが、監督としての手腕は未知数であり、蓋を開けてみなければわからないことも多い。サポーターは長い目で片野坂監督を見守る姿勢も求められる。

ただ大分トリニータの戦術に一番欠けていた守備意識を植え付けるとするならば、最適な監督であると評価もできる。広島、ガンバ大阪と守備が硬く、リズムはディフェンスから作るサッカーを、コーチとして知っている監督であることを忘れてはならない。前監督とは違った守備を冒涜するようなサッカーは見られないと思う。そしてサッカー観が大変乏しく、大分県に新たなサッカー観を与えることができない大分マスメディアも、守備の概念という良い勉強ができる機会となる。

良いスタートを切りたいのであれば、開幕スタートは必至だ。片野坂監督は言う。「ピークを開幕に持っていくのではなく、戦う姿勢を見せる準備をする」。開幕でピッチに立つ選手たちがどんな姿勢でゲームに入るのかを注目してほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました