NHK大分 稲澤由記キャスターのジェネリック医薬品に僕はなりたい

NHK大分の稲澤由記キャスターがジャネリック医薬品の解説を内科医の先生としていたのを見た。今日は稲澤キャスターの話をしよう。稲澤キャスターはかわいい。大分女子アナ・キャスターフリークの方々は、あまり着目していないようだが、僕くらいのレベルになると稲澤キャスターの“かわいい”は、数秒で最高血中濃度に到達する。

クラスに居なかっただろうか?「あれこいつこんなにかわいいかったかな」女子が居る。実はこんな女子ほど、男子に大きな影響を与える存在だ。新しい魅力を感じつつ、自分のなかでのかわいいランキングがいつの間にか上位にのし上がっていく。それを認めたくなくて、ちょっかいを出し、時に女子に嫌われたりするのだ。これが男子のいわゆる好きな女子に意地悪しちゃう、こじらせ男子の典型的なタイプとなる。

ちょっと待ってほしい。

「女性の魅力を正当化して語るイデオロギーは紛れもなく差別的言動・女性蔑視で卑近な思想」と大分大学のIPアドレスを隠蔽してまで送られてきたことがあった。六曜が差別になる大分。語弊がないように断わっておく。女子を一言もジェネリック医薬品であるとは僕は言っていない。女子のかわいいを語っている時にこのような面倒になるのであれば、僕は特許が切れた卑近な思想の後発男子で構わない。

たとえば「あれこいつこんなにかわいかったかな」という段階で、その女子に好きな男子が居ないとは限らない。でも好意を持たれることで、相手を知ろうとする。好きだった男子よりも、ちょっかいを出す男子のことが気になることもあり得る話なのだ。その場合、実は男子側がジェネリック医薬品になる。男子が後発男子となって、女子に作用をもたらし、女子の返事を待つことになる。

世の中にファーストラブでゴールインした人が何人いるだろうか?後発男女が最終的なパートナーとなる。だからこそ好きをあきらめたらいけない。稲澤キャスターを見ていると、僕はそのようなことを思い浮かべる。2番目や3番目の好きの感情を抱き、実は最高のパートナーになる構図が多くの世の中の恋愛事情である。僕は好きという感情が最も人間に求められると信じている。実は好きとなろうとすることで、世界のあらゆる問題は解決する。それは大分が抱えている少子化問題も確実に解決する。だから僕は大分女子のかわいいをいっぱい知りたいのだ。

NHK大分の稲澤キャスターは、好きという感情を忘れてはいけないことを僕に教えてくれた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました