小田崇之アナウンサーがOBSに飼い慣らされることに警鐘

  • Pocket

大分の欠かせないアナウンサーであり、真っ先に名前が出てくるはず。なぜ1票も入らないのか?完全にこちらの問題としか言いようがありません。僕が大分の男性アナウンサーのなかでも最も好きなのが小田崇之アナウンサー。

小田崇之アナウンサーというと「誰だっけ?」となってしまう。小田崇之アナウンサーことピーヤが僕の認知。

彼の方向性を語らせてください。

大分大学の運営交付金を使いIPを偽装されて「女性蔑視」の指摘と人権侵害を受ける「女性しか興味がない僕」が、ピーヤの傑出した能力をあげるのであれば、女性の扱い方が上手い。

傷つけないように言うべきことを言う能力。ここが長けていると思うのです。

それは直近の彼のブログから推測することができます。番組スタッフのなぞなぞクイズの答えが奇抜であることをネタにして、パラレルワールドを作っていく。そこに番組スタッフを傷つける要素はありません。

僕みたいに傷つける要素があるのであれば書かない選択肢は彼にはない。「大分の始まりとパラレルワールド」とでも言いましょうか?新しい別の世界を築いていく。傷つけないように世界を作ることができるのです。

報道デスクのコラムが突然閉鎖された事件のように、コンプライアンスで彼を縛っている現状がOBSにひょっとしたらあるのかもしれない。攻めることができるピーヤが居なくなった。最近のピーヤの深夜番組を見て仰天しました。

シティ情報大分に掲載されているようなグルメとかインスタ映えとか、当たり障りのない県民に媚びを売る企画が多い。これってピーヤじゃなくても出来る仕事なんです。

彼がしたいことをやることが面白い。僕はピーヤにこれしか求めていません。

次なる批判は「内輪受け」と推測されるのですが、それでも小田崇之アナウンサーが面白いことをやることが県民にとって面白いことになる不思議な能力を持っていると僕は説きます。

「大分の始まりとパラレルワールド」。大分に別の視点をもたらすアナウンスができる。それが小田崇之アナウンサーです。KBCのバベ岡こと長岡大雅アナみたいに報道には行ってほしくない。

彼の人生に関与したくなるほど、ピーヤを返してほしい願いがあります。

  • Pocket

僕が選んだアナ・キャスターが0票になったことに抗う

あなたの好きな大分アナ・キャスター男女平等投票が今回歴史的大敗で終了したことにより、決選投票はしません。しかし僕が選んだアナ・キャスターが0票であった場合、僕が責任を持って記事にすることをお約束しました。

一人でも好きな人がいれば強くなれるおおいたを僕が実現します。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す