広瀬知事出馬表明のもうひとつの見方 後任は佐藤大分市長の可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

よく聞かれるのが、未来の大分県知事は現大分市長佐藤樹一郎氏。広瀬知事を常に敬愛する姿勢が見られたことから、反自民勢力から「軍国主義の始まり」など、ぶっとんだ批判も飛んでいました。

広瀬知事と釘宮前大分市長の関係が最悪であったことから、せっかく県と県都大分市が仲良くなったことでこの関係を維持したい県と市の幹部の話もよく聞くようになりました。

このような理由から、広瀬知事の後任は佐藤大分市長が有力と見られている淵源。鞍替えするようなことがあれば、佐藤イズムを継ぐ人選をもちろん用意している。官僚の縦社会にある構図です。

広瀬知事出馬表明は、こんな見方もできるでしょう。

1期の市長経験よりも2期あったほうが首長としての実績になる。先輩として広瀬知事がもう1期県知事を務めて、後進を後輩に譲る。広瀬知事の大分知事選出馬はこんな見方もすることができます。そうみると、広瀬知事にとっては自身の実績と同時に都合が良い出馬となる。(既得権益など含めて)

もちろん佐藤市長も2期目がなければ存在しない県知事の座。大分市長選に全力を注ぐでしょうが、それほど批判するべきことがない。

連休前にも関わらず車が停まっていない閑散とした府内城などあげればキリがない批判はありますが、重箱の隅をつつくようなもの。市議会議員や国会議員とも関係を強めていますので、順調に2期目を務め広瀬知事退任後、県知事の候補者となる確率が高い。

前回の統一地方選では自民党から推薦を受けるが県民党として選挙戦略に徹した広瀬知事。大分の重鎮村山のとんちゃんも社民党を無視して広瀬知事を推したり、連合大分も自主投票となり釘宮陣営は組織票を失うかたちとなりました。

佐藤大分市長も広瀬知事と同じかたちで選挙を戦いました。しかしとんちゃんの機嫌を損ねたり、連合大分も県知事選とは異なり本気で立ち向かいました。それでも県知事選の分裂が大きく響き、そのまま反自民勢力は市長選も落とすことに。

反自民勢力が自爆で落としたことから、佐藤大分市長の2期目は広瀬知事ほど盤石ではありません。しかし大分市長選を制すれば、県知事選に立候補する道が拓けてきます。

もちろんそこからもハードルがありますが、佐藤大分市長にとって負けられない2019年大分市長選になるでしょう。

あくまでも仮説ですが、次次回も見据えた広瀬知事の立候補を老練とみるか?それとも老獪とみるか?そうみると、2019年県都大分市長選はかなり面白くなるでしょう。

閑散とする府内城イルミネーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す