安倍首相退位礼正殿の儀の言い間違いをフェイクと誤字で非難する大分合同新聞

  • Pocket

安倍首相が退位礼正殿の儀で言い間違いをしたことを非難する大分合同新聞東西南北。そんな新聞社も東西南北で「已みません」を「己みません」と書き、大分の漢字博士から突っ込まれ、深く反省しているかわいいところもあります。

そういうところ好きよ。

言い訳をするめっちゃかわいい大分合同新聞

※出典:大分合同新聞東西南北

今回の誤字にも気づいていましたが、基本僕は意味が通じれば誤字脱字とかどうでも良く、本質を重要としています。大分合同新聞ほど不寛容ではないので、誤字で鬼の首をとったように発狂しません。本質を理解しようと務めます。

しかし今回は本質そのものが歪んでいる。危機的な大分合同新聞が露呈しました。ので発狂します。

退位礼正殿の儀の国民代表の辞はひらがなで書かれている

首相官邸も安倍首相の読み間違いを否定しているように、国民代表の辞の問題点である「已みません」はひらがなで書かれています。

4月30日に官邸HPに掲載された国民代表の辞でも該当部分は「ひらがな」で掲載されています。大分合同新聞に掲載された国民代表の辞を東西南北コラムニストは確認しましたか?

これでも「ひらがなで読み間違えた」って言いますか?

オールドメディアの全体主義に屈する大分合同新聞

今になって騒ぎ始めた「いません」報道。反安倍に勤しむ左派系オールドメディア発ですが、それに追従した大分合同新聞。捏造されたフェイクニュースを疑うこともなく、大分合同新聞東西南北に掲載する。

「全体主義が怖い」なんて言いますが、反安倍のオールドメディアの全体主義には抗うことができない。なんて間抜けなのでしょう。しかも「厚顔の宰相であられる」なんて揶揄しています。

フェイクニュースに騙され、安倍首相の非難を誤字で行ったかわいい大分合同新聞。はたして厚顔はどちらなのか?これは誤字より恥ずかしい。いや、フェイクニュースに大分マスメディア大本営が騙されたことは致命的で、県民として恥ずかしい。

その恥性は、大分合同新聞でしか養えない。

安倍首相言い間違いのフェイクニュースを反安倍の全体主義で追従する大分合同新聞東西南北

※出典:大分合同新聞東西南北

心豊かに条例違反を安倍首相にする大分合同新聞

安倍首相は滑舌が悪い。そもそも滑舌が悪いから「そう聞こえた」ことも推測することができます。約200年ぶりの儀式で緊張していた。滑舌が悪いことが顕著に表れることもあるでしょう。それすら許さない不寛容社会が日本ですか?

皇室は国民に寄り添います。国民主権で選ばれた代表である以上、たとえ読み間違いであったとしても上皇陛下が糾弾するでしょうか?人権がない皇室が国民に寄り添っていることを忘れずに。

大分大学の憲法学識者青野准教授を使った希薄な皇室記事を書いた大分合同の記者たちには理解ができないでしょうが、「象徴の在り方」を上皇上皇后陛下が模索したのが、国民に寄り添う皇室なのです。

こんなことで非難する事自体が皇室を理解していない。またこの政権批判は憲法で禁じられている皇室の政治利用そのもの。安倍政権の皇室の政治利用を批判するくせに、自ら同じことをする。

これは振り返りすらできない「知性がない」表れでもあるのです。

首相であれば、滑舌が悪いことも考慮しないのか?「障碍もある人もない人も心豊かに条例」に関心が高い大分合同新聞はそんなに不寛容なのか?多様性は決定事項である為政者には存在しないのか?

東西南北で語っていただきたいテーマです。

中指を立てることができる女性精神科医が丸山議員の適応障害を「偽装」と糾弾し、他の精神科医から批判されています。診察していない精神科医が適応障害を偽装と断定する恐ろしい医学界隈になりました。

このように反安倍勢力は使えるものはなんでも利用する。それが身体的な特徴や精神的な問題であっても、自身の大義名分が成立していれば、恥じることなくフェイクニュースであっても非難の材料にする。

こんな勢力が「誰にも優しい世界」を作ろうと励んでいるのです。その世界は誰に優しいのですか?

大分合同新聞の崩壊が迫っている

誤字どうこうではなく大分合同新聞東西南北の存在意義すら失った今回の卑劣なコラムは、この新聞社の崩壊が迫っている兆しのように見えてきます。

今回の厚顔コラムは、何にも知らない外野がマナーポリス化するように、それを大分合同新聞の顔という東西南北がしていることが恥ずかしいのです。本気でこの新聞社が心配になってきました。

知性も寛容もないのですから、東西南北は無料で読めるようにしたらどうでしょうか?

※掲載した東西南北のコラムは、新聞購読することで読めます。お勧めです。フェイクニュースに騙され、誤字で非難する東西南北。どんな県民もネットに繋げればシェアできるよう無料購読できることを大分合同新聞に希望します。

  • Pocket

大分のリベラル勢力による言論封殺への抵抗

 

当ブログ大分論壇は

大分大学の日教組を愛し保守を憎む人権派から言論封殺を受けました。

しかもIPアドレスを隠蔽して。指摘すると逃げ出しそれ以来まったく反応はありません。

国は誰にでもある表現・思想・言論の自由があることを回答拒否。そんな県で国民文化祭2018おおいた大茶会が開催されました。

どんな人でもどんな身分であっても発言しても良い。

気に入らない発言を見つければ、安易に人権を濫用して発言させない大分にしない。

人権派を装うが、本性は差別主義者であるリベラル勢力の存在を知ってほしい。

そんな大分のために当ブログ大分論壇は存在しています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す