人柄を評価され始めたNHK大分後藤記者はスーツで大分を巡る

  • Pocket

NHK大分齋藤はるかキャスターは読む。「国民文化祭が終わっても後藤記者には大分を駆け回ってほしい」と要望する視聴者の声を。

僕は大分大学からIPを偽装されて言論封殺を受けますが、後藤記者にはそんなことをしない大分がある。生粋の大分県民である僕は信頼されず、後藤記者は信頼に値する。これは彼の人柄を証明するのでしょう。

少なくても、これで大分には2つのNHK大分後藤記者に対する「いいね!」がつくことになりました。しかし疑問があります。

彼はなぜスーツ着用で大分を巡るのか?

国民文化祭に合わせた企画ですが、こちら側からみれば「スーツの旅」。まるで二宮さんの小さな肖像と共存できそうな番組でもあります。だからこそ視聴者から評価を得ているのでしょう。

記者の腕章と三脚とカメラ。後藤版3種の神器を揃えて県内を移動することになりますが、最も疑問であるのがスーツ。記者であることを汲みますが、それでも大分を巡るのであればスーツ姿は何かと不便なもの。彼は神社仏閣巡りもします。

僕は先日、ジョギング中に立ち寄った神社で、でっかいスズメバチの彼女に遭遇しました。彼女は僕をクマか何かと認識して向かってきました。頭を低くし後退りなんて余裕はなく、轍乱旗靡のごとく逃げて助かりました。いやそもそも威嚇で済んだ可能性。彼女は優しい。女子って最高。

僕は大分の女性に愛を注いできましたので、スズメバチ亜科にも通じたのかもしれません。スズメバチのメスからも愛される僕です。でももう怖い。

木が生い茂る場所を巡る後藤記者。スズメバチに襲われるようなことを想定すれば、スーツは幾分窮屈。やはりラフな格好のほうが良いと思うのですが、それでも一貫してスーツ姿の後藤記者。もはや彼のこだわりなのでしょう。

スーツと言えば、ヘンリー王子の配偶者でもあるサセックス公爵夫人も出演していた大人気海外ドラマSUITS。僕は大ファンで日本版も放送されていますが、原作厨なので妻ちゃんと一緒に拒絶しています。

もし大分版があるとするなら。

ハーヴィーは後藤記者。そうなるとマイクが必要になる。寺澤アナは言う。「後藤記者が小さな肖像の二宮さんに似てきた」と。そうなるとマイクは二宮さん。こちらはスーツを着用していないが、そんな細かいことはどうでもいい。

僕がNHK大分の制作にいたら、SUITSのOPをパロディ化して始まる後藤記者と二宮さんで特別な大分を巡る年末番組を企画します。スーツ姿で大分観光(取材)をする後藤記者のキャラがあるからこそ、成り立つ企画。

「see the money wanna stay for your meal」とSUITSのOPが流れ、後藤記者が出てきて、アソシエイトの二宮さんが出てくる。

去年の年末はまったくやる気がなかったNHK大分。本気が見たいので、スーツ姿と後藤記者と二宮さんを組ませてほしい。

この際大分版SUITSとかどうでもいい。何なら小さな肖像で大分を取材する後藤記者を登場させる。二宮さんが「あれ?」って感じで捕まえて話を聞き、似顔を描くという企画もありだと思うのです。

NHKから国民を守る党員が県内にいたら、そのときは「やらせ」でBPO案件になるのは必至。その時は「#企画を考えたのはわたしだ!」とプラカードを持ってNHK大分に座り込むする覚悟です。

そのつもりです。

  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す