飯倉寛子アナの結婚をちらつかせる意図をOBSから感じた

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

OBS飯倉寛子アナが大分女子アナのなかで、何代目かの一番好きです。ひとりで映画を見に行く女子が好き。

そんな飯倉寛子アナが「結婚しました」を最近よく見せてくれるから、祝ってやる!

「うちの飯倉結婚しました」のフラグをたてるOBSの戦略

女子アナの結婚や妊娠を隠さないのがOABやTOSですが、OBSはそのような報告が少ない。

芸能人が結婚をするとなんとかロスに陥るようですが、アナ・キャスターとなるとちょっと違う。だから一区切りをつけるファンの心構えとして、報告があったらいいなと思うのです。アナ・キャスターと視聴者の関係は、少なくても僕は仲間と思っています。

だから友人だったはずなのに結婚式に呼ばれなかった人の気持ちがわかります。

結婚の報告が少ないOBSであっても、「結婚しました」のフラグを見つけることができます。

3きり運動なんてそう。

安元元OBSアナの起用は結婚してから(噂による)と3きり運動(食べきり・使い切り・水切りの環境運動)を主導してきました。

そして最近は飯倉アナも参加し、3きりデュオとして活躍しています。そのリンクがOBSのトップページにないものだから、僕はOBSにあることないことを偏屈に語りたくなる。

よくマスメディアが使う「識者が〇〇と言っています」は書いた記者が言いたいこと。よくスポーツ新聞が女子アナに用いる「関係者」はまったく根拠がないこと。

そんなことをしたい。

飯倉アナの左手薬指の指輪がきらりと見えるから

3きり運動であざとさを見つけちゃいました。

結婚指輪が見えるように左手で主張する。あえて結婚指輪が見えるように左手でポーズを取る。飯倉アナのナイスキャッチのポーズから、結婚の情報が大分で蔓延することになりました。

「結婚したこと気づかせてあげる」そんなOBSの意図が丸見えだと、ヒステリックな国会議員のように指摘してあげたい。

スポンサーリンク

結婚したら3きり運動メンバーに加入させるOBSの意図

結婚したから、家事をイメージさせる主婦の役割をさせる。

「大分老舗の放送局であるOBSが女性を台所に縛り付けている!」と、大分アナ・キャスターたちのミスを姑みたいにクレームを入れるとある大分県民のように、女性の社会進出を叫ぶBuzzFeedやハフポストに報告なんてしませんが、そんなブラフをかけたくなる。

でもエプロン姿の飯倉アナは素敵。

僕は家事の分担として、洗濯物に触るのは一切ダメ、料理でキッチン(お皿洗いは一緒にしよっ!)に入ることを禁止されているので、エプロン姿の飯倉アナと料理がしたい。もう一度言いたい。エプロン姿の飯倉アナと料理がしたい。

しかしいくらちゃんエプロンで惑わされてはいけない。あれはOBSのまやかしの呪文だ。

結婚したらOBSから離れることが多い女子アナたち。安元元OBSアナもそうでした。「エプロン姿がかわいい!もう3きり運動がんばっちゃう」と県民が誘発されるのと同時に、飯倉アナがOBSアナから消えることを示唆しているのが3きり運動の起用なのです。

識者と関係者から聞きました。

結婚指輪は幸せメッセージ

「結婚しました」のシンボルになる結婚指輪。そういえば、僕の妻ちゃんも結婚指輪をしている左手を意識して使っていることを確認しました。

そうみれば、OBSまたは飯倉アナや安元元OBSアナも幸せであることを慎ましく視聴者に伝えたい女心なのかも。幸せになってほしい。

ちなみに僕は結婚指輪をしていません。それでひと悶着がありました。

「手を繋いだ時の結婚指輪が重なる感覚が好きなの!」というので、「どんな手の繋ぎ方して歩くの?」と訊ねると「ほら、夜とかさ、ちょっとした体の向きでそうなるじゃん」と頬を紅潮させながらいうもんだから、「夜は外すんじゃないの?」なんて言う機会を失いました。

外されないように、なくされないように。結婚指輪を愛でる女性にできることを、僕は考えるのですよ。

結婚しているであろういくらちゃんこと飯倉寛子アナを、可能な限り見ています。ので、ママの視点を推し量れるような前回の更新から滞っているブログを書いてくれたら、と願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました