NHKから国民を守る党の無言政見放送に怒る大分選挙区

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

2019参院選大分選挙区牧原慶一郎さんの政見放送に怒れる大分県の皆さん、落ち着いてください。罵詈雑言でコメントの開放できません。何と戦っているのか困惑しています。

ハフポストの例の中学生ではありませんが、特に安倍政権サポーターと特定野党支持者、多数派である無党派層が泡沫候補に余裕がなくて怖いです。

これくらいの余裕を持つ大分って無理ですか?

スポンサーリンク

NHKから国民を守る党の戦略

NHKから国民を守る党は、ある一定層をピンポイントに狙い、数%の得票率で市議会議員を送り出しています。参院選では政党要件を満たす得票率2%確保を目的としています。ある一定層をピンポイントに狙っているので、正攻法の選挙しか認めない人をターゲットにしていません。

この人もそうです。

立川市議会議員くぼた学さんこと横山緑さんが赤い下着を持って同じ話を繰り返す

立川市議会議員くぼた学さんこと横山緑さん

比例票に狙いを定めているため、牧原さんは大分を離れ、関東圏中心で活動しています。

ある一定層も国民であることを忘れないでほしい。特に多様性を重んじる特定野党支持者は。

NHKをぶっ壊すのは人権侵害?

「野党支持者の人権侵害より、NHKをぶっ壊すことが公益性を損なう。日教組より酷い人権侵害じゃないか!」のロジックが理解できない。あくまでもN国党の目的はスクランブル化です。見たい人がみるNHK大分に、僕は愛と受信料を注ぎます。

持論ですが、大分大学の人権派を特定したほうが公益性が高い。税金を使った人権侵害、そして大分県教委汚職事件の真相究明に近づけるかもしれないのですから。

とっとと特定してよ、税金で大分大学のIP偽装した日教組を愛でる差別教育者を。

選挙をバカにしているかもしれません

選挙をバカにしているかもしれませんが、NHKから国民を守る党の目的は政党要件を満たすこと。話題になるための戦略です。安全保障から逃げる磯崎さん、人権侵害をする教育者が支持するボトムアップ政治に答えられない安達さんも戦略です。

またN国党に投票する人を僕は冒涜することはできません。それをしたら国民主権の崩壊です。ちなみに僕は磯崎さんに投票しました。しかし安達さんが当選しても送り出すのが選挙であり、現状の民主主義です。

選挙をバカにしている候補者に投票した人を、僕はバカとは言えません。僕にもあなたにもそんな権利はありません。

話していないことを批判されても候補者は困惑

「高齢者を相手にしなくていいのか?若者は関心がないから意味がない」。牧原さんは高齢者の投票を阻害していませんし、そんなこと一言も発していません。

牧原さんは一言も話していないのですから。

支持してほしい層を定めたのもサイレント牧原。皆に興味を持たれるなんてファンタジーです。あと若者が利用するSNSでは、れいわほどではないですが、話題になっているのもN国党です。支持母体はこれこそ少数派の市民連合です。

為政者や候補者が意図を持っていないことに因縁つけるのが選挙や政治なら、僕ら若い世代は振り向きません。そして僕らは自滅するだけです。

それぞれの世代に選挙への関心の在り方があるのですから、「こうしなければならない」を押し付けられても困惑します。公職選挙法改正案で「政見報道は黙ってはいけない」と候補者にでも訴えてください。

「ハンドルネームをコロコロ変えて、いい歳して言葉遣いも知らない」陰湿な保守コメントよりも、建設的な提案だと感じますが、どうでしょうか?国士さん。

スポンサーリンク

政見放送で候補者を判断する時代?

そもそも政見放送って、既存政党の術中です。国会を切り貼りをして印象操作するマスメディアの権謀術数に似ている。これだけネットが普及しているのに、政見放送だけで候補者や政党を評価するのはもったいない。関心を持つスタートであれば、僕は歓迎します。

サイレント牧原戦術は大分では見慣れないだけで、国内ではもう既存のパフォーマンス。喋るか喋らないかの違いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました