安達きよしさん劣勢をいいねの認知バイアスで跳ね返せ!

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

2019参院選大分選挙区野党統一候補安達きよしさんの劣勢が伝えられています。その劣勢を跳ね返すためにひとつの案を、提案できない特定野党に提示します。SNSを使った認知バイアスを狙って、劣勢を跳ね返すことができるかもしれません。

いいね!で対抗馬磯崎候補を上回り印象操作を狙う

ツイッターで両候補を観察してみると、磯崎さんのツイッターのいいねの数より安達さんのほうが圧倒的に少ない。しかし土日となると連合大分傘下の加盟員が休みになることもあって、そのいいねも磯崎さんに迫る勢いがあることがわかりました。

人は勝ち馬に乗りたがるもの。これは「いいねが多いほうが良い候補」といった認知バイアスを狙えます。

日教組を愛でる教諭たちが平日もいいね!をつける

磯崎さんのように具体的な遊説時間をSNSで安達さんが拡散していることから、その時間を狙っていいねをつける。

動員は日教組である大分県教職員組合を愛でる教諭に依頼。職務専念義務違反にならない程度に、スマホでイケメンの安達さんのツイッターアカウントにいいねをつける。

複数アカウントを用意して安達きよしさんにいいねをつけることで、認知バイアスが生まれる可能性があります。

国も認めている特権!税金で人権侵害ができる大分の教育

教育者が税金で言論封殺をしない大分を
当ブログは2015年6月5日に大分大学のIPを偽装して教育者を名乗る人物ハンドルネーム豊川さんから税金で言論封殺を受けました。 大分大学のIPを偽装していること、日教組と大分大学も関与した大分県教委汚職事件で議論を持ちかけると逃げ出す...

教育者を名乗る人物が、大分大学のIPを偽装し、税金で人権侵害を行ってきました。それを国に相談すると問題なしとする。学生が学習している時間に、教育者がこんなことができる大分県ですから、安達きよしさんの劣勢を認知バイアスで跳ね返す戦略に、良心の呵責などないはず。

僕は大分大学から起きた人権侵害は、特定野党の言葉や論理を借りれば紛れもない憲法違反だと感じます。しかし相談した憲法カフェなどの左派勢力はすべて無視。

文科省は法人化から運営交付金の扱いは大分大学に任せていると責任転換。大分地方法務局人権擁護課は「憲法違反なら国を訴えて」と返答。担当者の名前を聞くと「守秘義務がある」と返答。このように国は税金を使った教育者の人権侵害を無視し、認めています。

税金で教育者が人権侵害をしても良いことを国も認めているのですから、認知バイアスを使った選挙戦略も職務専念義務違反に触れなければ問題はないでしょう。

もっといえば大分であれば、授業中のいいねも職務専念義務違反に該当しない選挙運動かもしれない。それほどの効力と特権を持っていると勘違いする大分県教職員組合を愛でる教育者が出てくるかもしれませんね。

「バレなきゃいい」が浸透しているのが、一連の日教組を愛でる教育者による不祥事であり、共通点です。

安倍魔王を倒せば日本がよくなるドラクエ選挙へ突入

僕としては

  1. 安保・消費税など政策が相容れないのに特定野党の統一候補として無所属は筋が通っていないことに自覚があるのか?
  2. 理念の差異で完全なる数の暴力による野党統一候補となるが、自民の数の論理との違いは?
  3. 税金を使って人権侵害ができる日教組を愛でる教育者の支持者を持つ実質応援量NO.1の社民党から応援される気分はどう?

この3点を安達きよしさんに答えてもらうことをツイッターで求めてきましたが、受け入れてもらえないよう。

吉良議員が好きな「良識」を有権者に提唱する安達さんの劣勢はここが原因であり、ここに誠実に向き合うのが選挙戦のはずですが、どうやら真正面から自民打倒はお断りのようです。

安倍政権という魔王を倒せば平和が訪れるといったドラクエ選挙を突き進む安達きよし陣営。だからこそ国が認めている税金を使った教育者による人権侵害からヒントを得た打倒磯崎の戦略を提案させていただきました。

追い上げで安達きよしさんが当選できたらぜひ大分県に利益誘導を。

大分大学のIPを偽装し税金で人権侵害をする卑劣な教育者の特定、そして大分県教委汚職事件の真相究明に力を貸していただけたら。大分県に倫理と道徳を取り戻す公益性があります。

そのためのドラクエ選挙攻略に向けた認知バイアスを狙う提案です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました