アベにスガる無所属吉良州司議員の2021年衆院選がかわいそうになってきた

「希望の党比例復活であるのに政党色を出さない」と謎理論で大分一区を押し切った是々非々論者・吉良州司議員は、人権侵害に定評がある立憲民主党を蹴り、特定野党で最も評価されなければならない玉木代表率いる国民民主を拒絶。無所属となり、次の2021年衆院選を戦う予定です。

草の根運動の覇者であったが比例復活の吉良州司議員は無所属となりましたので、比例復活もありません。自ら退路を断つ政治家となりました。そんななかで繰り広げているアベノミクス批判。

菅内閣を大絶賛しつつもアベノミスク継承に警鐘を鳴らすメルマガを展開しています。だから「惜しいな」と感じるのです。

アベにスガる大分一区無所属・吉良州司議員に言いたいことを言います。

スポンサーリンク

共産党と連合大分にも?嫌われすぎで2021年衆院選大分一区を迎える無所属の吉良州司議員

「コロナ禍によってアベノミクスの成長が道半ばになってしまった」ことが白日の下に晒されるらしい特定野党系無所属の吉良州司議員。

菅内閣のアベノミクス継承に警鐘を鳴らしているのですが、国民を基軸にした批判ではないよう。

安倍前首相の「悪夢の民主党政権」を持ち出し、数字だけ見れば悪夢は自民党であると主張。この棘のある言い方からみれば、「アベガー」に縋ることしかできない特定野党系・無所属吉良州司議員の心情を測れます。

共産党は「吉良州司大嫌い」宣言のように大分一区ではすでに候補者を擁立。烏合の衆「野合」は2021年衆院選大分一区で破綻状態。

税金で人権侵害ができる教育者を傘下に持つ連合大分も「人権侵害と二重基準に定評がある立憲民主党に似合う人格破綻した候補者」の声も聞かれるようになりました。

こんな大分一区の現状から、アベガーに縋るしかない吉良州司議員。

そもそも吉良議員の2021年衆院選の野党共闘は、自ら否定していることを多くの大分市民は知りません。

安達きよし議員を選出した時、吉良議員は「野合は参院選では認められる」と発言。衆院選では野合は認められないことを自身で発信していたのですから、この支持母体の崩壊は本望なはず。

ここまで自身を追い込み草の根運動主義に走る大分一区特定野党系無所属吉良州司議員がかっこよすぎ。

安倍前首相は病気になってツキがあると発言する吉良州司議員

病気をする癖があるで炎上した特定野党議員もいますが、吉良州司議員は病気になることを「ツキがある」としています。

こんな棘がある言い方をする議員ではなかったのですが、そこまでしてアベガーにしか縋れない状況のアベにスガる吉良議員です。

追い込まれたら何するかわかんねー状態。

だから僕は、政治家としての本質を吉良議員に提案したい。

大分一区の有権者をバカにしているとしか思えないアベノミクス批判の指摘をしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました