これからのほとんどが平成最後になり令和で出会うことになる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

先週の休日のこと。

読書ならわかるけれど、ゲームでもバックミュージックにクラシックを流すのが彼女のスタイル。イカが絵の具を撒き散らすゲームをしてわちゃわちゃしながら流れていたのがLa Folia。やりにくそうに見えるけれど、クラシック音楽が流れていることが重要らしい。そんな妻ちゃんを本を読みながら見守っていると、こんなことをつぶやく。

「たぶんLa Foliaを聞くのは平成最後だよ」と。1000曲以上のクラシックがプレイリストに入っていることから、この曲のターンは平成中におそらく来ない。

24日夕食を食べながらソフトバンク戦を見た。逆転を許した9回表ゲッツーでリードを広げられずなんとか切り抜けたのだが、判定不服でオリックスベンチからリクエスト要求。大分出身の今宮選手の足がベースから離れていたが、判定通りアウトになった。

実況は言う。「一連の流れでアウトになったのでしょう」。

僕は言う。「平成最後に嫌なものを見た気分になったね。あれなんなんだろう」。

妻ちゃんは言う。「水に流しましょう」。

これは日本シリーズ優勝を決めた時、ベンチ前で達川ヘッドコーチが工藤監督に伝えた言葉だ。彼女はタカガール。

「一連の流れでアウトになったら、ゲッツー狙える時はとりあえずセカンド投げればなんとかなるってこと?」とサッカーしか知らない僕が言うと「もう全部忘れましょう」とまた達川ヘッドコーチのように言うのだ。

だからもう忘れることにした。平成最後の不思議を“流れ”で終わらせた。

これからすべてのことが平成最後になっていく。ひとつひとつをクローザーとして、意味ある終わり方を意識する。終わりが良ければなんとかに縋るのだ。そして新元号令和を迎えよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す