荒ぶる季節の乙女どもよ。の表現の自由で泣いちゃう妻ちゃんがすこ

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

アマゾンプライム会員なら無料視聴

男の子の日常的な性の儀式を目撃するなどして、「性」に振り回される文芸部5人の女の子たちの物語。

きっと大分大学のHN豊川さんであれば大学のIPを偽装し、「ネトウヨの韓国・中国・公務員へのヘイトに心を痛めコドモガー」と今話題の表現の自由を税金で侵害をするのでしょう。

そんな作品「荒ぶる季節の乙女どもよ。」に涙を流す妻ちゃんがすこ。

文芸部の部長は髪を一つに絞り、眼鏡をかけた堅物な女の子。そんな彼女の内心や美少女性に気付いていた同級生の男の子。眼鏡を外した時、「モデルに似ている」と彼から伝えられ、彼女は揺さぶられます。

髪を一つに絞ったゴムと眼鏡を外して登校した彼女に色めき立つ教室。もちろん彼も。そんな彼は「好きになりかけていた」と彼女に告白します。すると彼女はその気持ちを50枚のレポートにしてくるように要求。

それに応える彼。変哲もない好きというレポートに拍子抜けする彼女ですが、過去に触れたことがない「かわいい」と「つきあってください」がそこに書かれていました。

レポートは、文芸部部長という肩書を持つ彼女の校閲に打ちのめされて彼に戻されます。「つきあってください」の横に赤ペンで「よろしくお願いします」の添削付きで。

両手で口を塞いだ後、僕の腕に抱きついて、そのあれを当ててくる妻ちゃん。紅潮した頬に流れる涙。「わたしは好きが報われる瞬間がやっぱり大好き」と言います。

彼女に付き合う程度ですが、アニメや漫画の凄さを一緒に暮らすようになって感じます。大人買いした「荒ぶる季節の乙女どもよ。」のコミックを隠しながら帰宅し「な、なんでもない」と言いながら自分の部屋に直行。その後、寝室に持ち込む妻ちゃんの行動は謎ですが。

「一番の美少女新菜ちゃん以外は全員君の要素を持っているね」とからかうと、「色白は似てるもん」と言い返す妻ちゃんはかわいいです。

表現の自由で命を吹き込まれるアニメ制作現場がガソリンで荒らされ、イデオロギーによって表現の自由の解釈が変わる日本。

こんなに表現の自由で振り回されているのに、税金で表現の自由を侵害できる大分はなぜ無関心でいられるのだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました