夏だから大分カップルに知っててほしいアフターピル

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

ギシギシとそして吐息が漏れる行為の最中、トラブルもあるでしょう。経験がある方は誰でも体験したことがあると思われます。ゴムが破れたり、正しく装着できなかったり、またつけないで行為をする、事件に巻き込まれることもあります(本当はこんなことがあってはいけない)。そんなとき次の周期がくるまで、大分娘は心がどこかに行ってしまい、不安な日々を過ごす。そんな大分娘を想像してほしいです。

夏休み中盤です。車や海岸や避妊具がない部屋で時としてそんな衝動が起きます。妊娠を望んでいない大分娘にこそ、知っててほしい緊急避妊薬です。専門家の方とお話をさせていただき僕も驚いたのですが、女性の半数くらいしか知らないと言われているようです。

アフターピル、モーニングアフターピルといってトラブルが起きたとき、72時間以内に服用することで避妊ができる医薬品。病院にいってしっかりと説明を受けて、正しい方法で2回服用することで成功する避妊法です。副作用はつわりのような吐き気(吐き気止めも一緒に出されることが多いです)、生理痛のような痛みがあります。新しいアフターピルもあり、それは120時間以内(できれば72時間以内)で1度の服用で終了し、そして副作用も少ないです。ただ保険が使えないことから15000円ほどかかる。(通常のアフターピルは8000円ほど ※病院によって金額に違いがあります)

あくまでも緊急のための処置であり、女性の体に負担がかかりますので何度も使う医薬品ではありません。また値段も高いことから、特に学生は入手しにくいのが問題点です。アメリカでは年齢確認ができれば15歳から店舗で販売できるようになりましたが(論争も起きている)、日本では病院に行かなければなりません。入手方法が他にもありますが、医師の診察を受けて処方されるのが正しい方法です。

72時間、120時間というリミットはありますが、早ければ早い方が避妊できる確率は高くなります。何度も書きますが、最後に残された避妊する手段として使うものです。日頃から正しい知識を持ってゴムを用意して行為をすることが大切です。もしもの時に使える緊急避妊薬としてアフターピルがあり、医師に相談することで望まない妊娠を防ぐことができます。

望まない妊娠を防ぐということは、中絶も防ぐことになります。大分娘には知っててほしいことになりますが、当然男性も知っててほしいこと。男性も緊急避妊薬の存在を知っていれば、中絶という事態を避けることに繋がります。そしてゴムくらい用意するのが、大分娘を思いやるエチケットでありマナーです。理想的な避妊があるとすれば、男性側が積極的に行うことが欠かせない条件だと感じます。性病に関しても同様のことが言えます。受精の性質上、ゴムをつけていたからこそその失敗がわかりやすくなり、アフターピルの出番を知らせるサインになります。

「今日もゴムつけるぜ」と、人差し指と中指に挟んでかっこよく決めるような、そんなこと言っちゃうような大分男子であり、「くすっ」と笑う大分娘であってほしいです。延長戦ももちろんそれを繰り返してほしいです。無くなったら「俺買いに行くよ」と部屋を飛び出す大分男子に、大分娘は「きゅん」としてほしいです。

アフターピル 大分県 で検索した結果

コメント

タイトルとURLをコピーしました