こんなことをしてほしい大分アナウンサー4

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

いや、プロデューサーやディレクターになる器ではないのだけれど、ただ大分アナ・キャスターにこんなことをしてほしいという、特に何も考えていやしない。ただの思い付きだ。たぶんきっと僕が大分で一番、大分アナウンサー・キャスターの名を素早く言えると思う。九九を早く言えるようなものだ。そんな僕の思い付きだ。

NHK大分 副島萌生アナウンサー

「めーいっぱい!」がめいたんのブログ名である。めーいっぱい!副島アナが大分にまつわる何かに挑戦する企画。それにしてもこの「めーいっぱい!」って誰が考えたのだろうかと、「大分論断が選ぶ流行したと思いたい流行語」に今年の年末選びたいくらい好きだ。めいたん、最近噛むことが多いようで、視聴者さんからなぜか僕に苦言がくる。視聴者さん、僕はサツキではないぞ!だけどいっとく。メイちゃんは成長するよ。それはととろも知っていることだ。

NHK大分 山本理加キャスター

山本キャスターのブログ名が「今日もやまもり!」。大分県内に移住するコーナーがしんけんワイド内にある。そのコーナーで長靴を履いたかわいい幼女と山本キャスターが小川で、畑から取った野菜を洗っていた。その光景が好きだった。今でも思い出せる。いうならば大分の母。割烹着姿でごはんをよそう。おぼちゃんの時代は終わった。いたるところで使うことができる演出。ごはんはもちろんやまもりだ。

OBS 小村美記アナウンサー

皆さんは知っているだろうか?小村アナが大分キッズの作文を読むラジオを。大分キッズのお姉さんのような優しい読み方をするのだ。大分キッズ相談室のパーソナリティーになって、優しく大分キッズの悩みに答えるというラジオ番組がしたい。きっと優しく寄り添ってくれそう。「子供の声を聞いてみよう 家に大分キッズが気持ちよく帰ってくるキャンペーン」とか、海原アナことみどさんと一緒にしてほしい。

NHK大分 鈴木遥アナウンサー

もはや大分の朝の風物詩となった遥ちゃんの前置き。25秒ほどの時間に遥ちゃんの言葉を乗せて大分を表現している。「25秒劇場」なんてどこかのブログが書いていたが、あの朝の25秒を文字起こしして残しておきたいくらい僕は好き。だから25秒で遥ちゃんにしてもらいたいことがいろいろとある。「25秒でできる告白」なんて伝授してほしい。大分県は少子化対策と言うが、もっと恋にも着目するべきだと思うんだ。だからこそ遥ちゃんが必要なんだ。どんな告白をするんだろうとか想像するのも楽しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました