NHK大分 田中逸人アナウンサーのサンタコスがかわいい

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

“大人の読み聞かせ”とかあったら僕は行きたい。いや、大人といってもいろいろあるだろう。大人になったメイとサツキの物語とかもちろんめいちゃんに読んでほしいし、もちろん官能小説を正統派アナウンサーが読んだらこうなるという体験もしてみたいし、BLを花田アナに読んでもらうことでたまんない女子もいるかもしれない。DUO560の構文をOBS平川アナに読んでもらうというのも、大人の読み聞かせだろう。

NHK大分で子供たちを対象にしたクリスマスにちなんだ読み聞かせがあった。OBSではお馴染みであるが、NHK大分でも読み聞かせをしているようだ。プロたちの読み聞かせであるので、大分キッズたちもきっと楽しかっただろう。

NHK大分のアナやキャスターがクリスマスにまつわるコスをしていた。そのなかでも田中アナのサンタコスがかわいかった。サンタコスといっても、小さなとんがりキャップを頭に付けているだけなのだが、いかにも「イクメンです」という優しいパパ感と、そこから感じ取れるかわいらしさを僕は見つけてしまった。きっと素敵なクリスマスを過ごすのだろう。田中家キッズたちの枕元に置かれているプレゼントが気になる。

ところでクリスマスプレゼントが枕元に置かれるのはサンタの都合によって異なることをご存じだろうか?イブの朝なのか?それともクリスマスの朝、もしくは翌日(26日)と違いがある。この前周囲のキッズにそれを聞かれて、危うく、率直に、そして無慈悲に、夢を崩すところだった。

北アメリカ航空宇宙防衛司令部が提供するサンタ追跡サイトを見せながら、「サンタも忙しい」ともっともらしく説明なんかするクリスマスイヴであったりすると、子供の感受性をくすぐり、あともう少しで訪れる無慈悲な事実にちょっとしたアクセントを与えることができるかもしれない。子供の頃に思い描いていたサンタの思い出を甘酸っぱく語れる女子が居た。素敵な両親が自分のためにサンタを演出したことに気付き、幸福感に満たされたようだ。

まあね、メリークリスマスですわ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました