今回の大分県教委汚職事件をめぐる採用取消訴訟判決に対して僕はこう見た

同じ内容の訴訟で、大分地裁の判断が別れた大きな要因が2つある。ひとつは情実に基づく採用。ふたつめが現時点で教員採用を持っていること。この点から見るとA先生とB先生の相違点がよくわかる。

昨年判決が出たA先生は、加点された理由がわからないことから情実に基づく採用が認められず、現時点で教員免許を持っている。先日判決がでたB先生は、当時指導を受けていた元大分大学教授の口利きがあったことで情実に基づく採用が認められ、臨時講師である。この違いで判決が別れた。

臨時講師が先生であるのかどうかなんて、生徒の立場から言えばどうでもいいことであり、教壇に立てば先生になる。生徒のために頑張っている臨時講師に対して、不当な判決でもあり、気分が良いものではないはず。大分県はともかく全国の臨時講師は怒ってほしい。また両教諭とも情実に基づく口利きを認めておらず、それを否定している。違いは頼んでもいない元大分大学教授が口利きをしたこと。責任はB先生にはない。弁護団は血の通わない判決であると糾弾し、それを支持する人の方が多いだろう。

そもそも教員採用試験の成績という重大な事実と基礎を欠いていることが今回の判決理由になるのなら、今まですべての教員採用の実態を調べ上げて、不正の有無を確認する必要が出てくるだろう。不正が認められればすべて採用取消しなければならない事態となる。判決はこのようなことも意味することになる。大分県は頑張って、大分県教委汚職事件の真相究明を進めなければならない。

また今までの不正を追及するために貢献するアイテムがあることを覚えているだろうか?口利きリストなるものがあることを当時ナンバー2であった元審議監が証言している。しかし捜査段階でどこに行ったのかわからなくなっており、それに対して大分県警も大分県教委も口を閉ざしている。

こんなものはクソ大分だ。

おんせん県おおいたではない、隠蔽県大分だ。そういえば大分大学のIPアドレスを隠蔽してレッテル貼りと差別認定を安直に行う、韓国・中国・公務員のヘイトに心を痛めている人もいた。組織ぐるみの隠蔽体質県だ。

まず口利きリストを見つけなければならない。そしてそこからわかるであろう不正で合格した教員をあぶり出し、採用を取り消すことから始めなければならない。不正で合格し、いまも教壇に立っている先生を引きずり降ろさなければ、今回の地裁判決は筋が通らなくなる。だからこそ大分県教委汚職事件の真相究明が求められる。

僕はこういう意味の判決であると見た。

コメント

タイトルとURLをコピーしました