主演映画をバックアップした大分県 ファンキー加藤さんゲス不倫と元大分朝日放送の中嶋美和子さんのゲス暴露に巻き込まれる大分

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

大分県全面バックアップで制作された「サブイボマスク」に主演しているファンキー加藤さんの不倫が発覚。しかも相手との間にお子様が誕生するとのこと。この映画の主題歌はファンキー加藤さんの「ブラザー」というのも興味深い。先日広瀬知事を表敬訪問したばかりのファンキー加藤さん。にこやかで決してゲスな話題に似合わない広瀬知事。そんな知事を困らせるためにゲスな質問で攻めてみよう。

「表敬訪問したファンキー加藤さんにファンキーな不倫が報じられました。映画の主題歌がブラザーであり、ロケ地が大分ということで大分県民をブラザーのように想うファンキー加藤さんの熱い気持ちが感じられました。大分のブラザーのひとりである知事は、今回の件大分になんらかの影響があると思われますか?ブラザー」なんて質問して、広瀬知事をゲスな表情にさせてみたい。

その映画は熱血バカが地方創生に挑む映画のようだが、なんだか熱血欲情バカが少子化対策で地方創生に挑む映画のように見えてくる。公開前の致命的な騒動となってしまった。作品に罪はないが、内容が内容だけに暴れちゃう大衆もいるかもしれない。大分論壇はサブイボマスク製作委員会を応援しております。

そんなゲスな話題からスタートしたが、もうひとつもゲスな話題だ。元・OABアナウンサーであった中嶋美和子さんが「下ネタ女王」として人気のようだ。中嶋さんによると、局アナ時代は周りはスポーツ選手と付き合っている女子アナが多く、先輩の教えでは野球選手とは「1回ヤれ」というのが女子アナ界の裏事情を暴露している。

また中嶋さんはサッカー選手と交際をしていた過去があり、男女の営みについても言及。サッカー選手は体力が半端なく、1回が短い選手は回数で勝負、腰のスピードが早かったと発言。コトが終わるとシーツを替えたいほどの営みだったようだ。トリニータの選手がどうかは知らないが、とにかくサッカー選手のキラーパスが良かったようだ。

姐さん、やっちまったな。大分大学のIPアドレス隠蔽者によると、女性の魅力を正当化したイデオロギーは紛れもなく(略)。

何かとゲスな話題に巻き込まれた大分である。僕は中嶋アナの記憶がないのだが、結構“たゆん”なアナである。いや、そんなことはあることはないのだが、もし東京にいった裕子りんが、美和子姐さんのようにエロ裕子りんになってしまったら、大分論壇は生きていけない。閉鎖するときは、「シーツ交換のときにくんかくんかしたい大分女子アナ・キャスターベスト5」で締める。

アスリートも多い大分なので、美和子姐さんがいうような体力が半端ないようなことを体験している大分女子アナがいるかもしれない。美和子姐さんの暴露はその可能性に触れているのだ。

美和子姐さん、僕はこれからそういう目で大分女子アナ・キャスターを見てしまいそうです。激しい営みでシーツを替える大分女子アナを僕は想像します。

手始めに、激しい営みベスト5、顔を掌で隠しながら指の間から見ていそうなむっつりベスト5のランキング作りましたので、反転して閲覧してください。

ごめんなさい。できません。僕そんな目で大分女子アナ・キャスターみることできません。グヘヘ

コメント

タイトルとURLをコピーしました