大分県教委汚職事件による教員採用取消訴訟 二審も県側敗訴

差別認定され、卑近な思想を理由にブログタイトル名の変更まで大分論壇に要望してきたどこから来たのかよくわからない韓国・中国・公務員のヘイトに心を痛める大分大学のIPアドレスを偽装と隠蔽する人権派が居た。文面が重かったが学生の可能性もあるので、年齢層を確かめるために「大分県教委汚職事件の舞台となった文化水準が高い場所におられるようですが、この事件についてどう思いますか?」と質問してみた。

そうすると「読んでいただきありがとうございました」と、強気の姿勢から極端にしおらしくなったのが印象的だった。「努力する学生を差し置いて偽装とか隠蔽とか不正するの大好きで堪らない人が多い大学なんですか?」と嫌味くらい言いたかったのだが、大分の知性はやはり触れたくない話題だったのだろうか?

大分地裁で全面的に認められていた教員である男性の主張は、県側の控訴によって福岡高裁に持ち込まれた。そして県側の控訴は棄却された。県側は「法治国家では違法行為を是正するのが重要であり、教員は児童・生徒の教育に関わる重大な公共性の高い専門的職業」として、加点による合格は取消できると主張している。その公共性の高い専門的職業の試験にて県が主導し不正が行われていたにもかかわらず、真相究明に本気になれない、主張だけは立派な大分県になっていることがこの控訴審の解せない点である。

この事件というのは、県全体の不正だ。県教委が舞台となったが、本来であれば選挙やデモで旗など振らず先生の労働条件の見直しに力をいれるべき日教組も不正に絡み、また県議会議員の力もあったと指摘されている。

是正を呼びかける権力の監視機関を主張する大分合同新聞の幹部もこの不正に関与していた。去年知事選が行われたが、裁判中であり十分真相究明への機運はあったが、選挙の焦点のひとつにさえもできなかった大分マスメディア。口利きリストが入っているとされる当時のNO.2が証言したフロッピーディスクの存在は、押収したはずの大分県警によると存在がわからなくなっているという。すべてを知っているとされている元参事が執行猶予中に亡くなっている。事件性はないとしてもこのような特異性を持つ事件だ。

それなのに大分県全体として真相究明しようという動きが生まれない。大分は素晴らしいと感じるが、ここにこそ大分最大の弱さと感じる。元を辿っていけば、そのような人を県議会に集めている有権者の問題でもあろう。何度も言うがインセンティブを与えることができない大分マスメディアの責任でもある。また致命的なのは大分合同新聞がこの不正に関与しているからこそ、大分では機運は高まらない。そんな新聞社が主権者教育なんて言っている大分がある。舞台のひとつとなった大分大学では、学生がアカハラで自殺し、人権派が人権を利用し自分のイデオロギーを正当化するために大分論壇の表現の自由を奪おうとする。大分の知性が理性的であり続けることができない大きな問題をこの県は抱えている。

別府署によるカメラ設置事案があり大分県警は立場が弱くなっているが、ここでこそ「あ、フロッピーディスク見つかりました」と連合大分を驚かせるような組織のありがちなご都合主義を少し期待していたのだが、こういうこともできないほど、この大分県教委汚職事件は根が深い問題のようにも見える。本当に証拠隠滅している可能性もあり、そうみると陰湿さがわかるはずだ。

公共性の高い専門的職業という厳格ある性質を理解をするが、 その厳格ある性質に不正があり、それを究明しないで言いたいことだけは主張する県の姿勢がよくわからない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました