NHK大分緒方直加キャスターに初々しさを見出してみる

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

最近かわいいNHK大分の堀愛美キャスターことまなみん、まなみん。ブログ連投投稿ありがとう。一気に投稿しちゃうなんて、まさに“徒然にゃるまま”だね。突然ブログがドバドバと投稿されるというのは、それだけ暇だったなんて、僕はこれっぽっちも思ってないよ、まなみん。そこで僕も今日連投しちゃおう。大好きな大分合同新聞と大好きなNHK大分について書いちゃったぞ!

宮崎に行ってきたのですが、稲澤キャスターをテレビで見掛けました。「おまえ誰だ!」と言ってしまうほど、すごい綺麗になっててびっくりした。誰だよ、くたびれたママアナウンサーとか言ってたやつ。許さんぞ。

僕は絶対に原石を見逃しません。そうみるとNHK大分は何人流出したんだよって話になる。めいちゃんは仕方がないとしても、あさちゃんは長野、稲澤キャスターは宮崎、マリエッティーは・・・ちょっと悲しくなるからやめよう。そんな原石になるかもしれないのが、緒方直加キャスター。

田中アナに「なおかさん」って呼ばれる緒方直加キャスターに初々しさを見出してみよう。それにしても名前で呼ぶよね、NHK大分は。マリエッティーのこと「まりえさん」とか呼んでいたよね、南波アナとか。ああ、マリエッティー。

緒方キャスターに戻そう。新入社員や職員が新しい環境になんとか溶け込もうとする感があって、そこに初々しさを感じてしまう。もちろんお昼の番組もしていたので、それなりにイブニンググループと親交があるのかもしれないけれど、南波アナに悪態ついたり距離を縮めようとする言動に、初々しさを感じる。

南波アナに腹黒とか言ってみたり、正解したらわさびモナカアイスを食べられる権利を得られる田中アナのクイズに連続回答してみたり、溶け込もうってする姿がとても素敵だと思う。アイスは負けず嫌いのクイズ王南波アナに食べられてしまったけれど、僕の氷結したマリエッティーの後釜ポストは少しずつ溶けている。ジブリの大博覧会が夏に大分であるけれど、アニメ好きの緒方直加キャスターはどの作品が好きなのか?分析したくなるような気力が湧いてきた。

でもさ、アイスはやっぱ女性に食べてほしいよね。僕が先に食べようとしたら「なんかイライラする」って言われてスイーツで抑圧される毎日なんだけど、あのクイズ王は躊躇することなく女性の前で口に入れやがった。モナカアイスの食べ方がかわいいことから、南波婦人部は大喜びだろう。先に書いておくから、南波婦人部は僕に送ってこなくていいですよ。だからあえて言おう。ナンさま、かわいかったね。

NHK大分がキャスター募集しているんですけれど、「おまえのせいで応募が少なくなるかもな」なんて送られてきた。そ、そんなことないよね。僕がNHK大分の雇用状況を悪化させているとかないですよね。あーどんな人が来るんだろうね。転校生がやってくるような感じがして、ほんとワクワクする。

新人キャスターの名前が「佐藤さん」や「まりえさん」だったりしたら。そんないなくなった女の子の空気を感じさせるようなことが起きるのが春だから。僕が言うのもなんだけど、みんな大好きマリエッティーロスはなかなか終わらないかもね。いやむしろ僕が終わらせない。

書き続けることで、みんな大好きマリエッティーファンを葬ることができる可能性。お別れができていない点からみれば、みんな大好きマリエッティーロスを終わらせる方策はここしかない。終わるためにはお別れが必要なんだ。だからマリエッティーのカラーを残す。

コメント

タイトルとURLをコピーしました