続・節操がないポリティカルモンスター民進党前原代表LOVEな吉良州司先生に愛をこめて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

民進党前原代表が無所属で出馬することがわかりました。理由は「安倍政権を終わらせる。野党がバラバラでは勝てない」。僕の記憶では政治家であり市民運動家ではないはず。僕らの生活をよくするために安倍政権に論戦で立ち向かい有権者の支持を得るのが前原さんの仕事なのですが、いつの間にか大分合同新聞のような「安倍政権ヘイト」を掲げるようになりました。

僕の記憶が正しければ前原さんは民進党の代表です。泥船である党を捨て、希望の党に入る前提で無所属で出馬をするのですから、目的は僕らの生活ではないのは明らか。保身のため民進党代表を捨てました。こんなのが閣僚になれば、政党の代表としての責任さえ果たせないのですから、国民そっちのけで逃げ出すに決まっています。責任という政治家に求められる信念さえも捨ててしまいました。彼は危険人物です。もはやテロリスト思想。当選させてはいけません。

そんな前原さんを支持し続けた民進党の吉良州司先生。先生に向けたラブレターを書きましたが、ポリティカルモンスター前原とは離れるべきです。誰がこんなポリティカルモンスターを育てたのでしょうか?野党4党をマスメディアが持ち上げた結果、この政局。政権批判しかせず受け皿になる野党に甘すぎるから、こんな国民を舐めきっているポリティカルモンスターが育ちました。ポリティカルモンスター前原は、徹底して落選運動で終わらせてあげるべきです。

どうか吉良先生、ポリティカルモンスター前原と距離を置いて、無所属あるいは野党4党の支持を突っぱねて大分一区に、野党再編成の夢を与えてください。何度もポリティカルモンスター前原に騙され続け失望し続けたのですから、もう彼を支持する道理もありません。前原支持表明からサイト更新されないあたり、ポリティカルモンスター前原に失望したのでしょう。イデオロギー関係なく、議会制民主主義の反逆として徹底して叩き潰さないといけない政治家が前原さんとわかったいま、吉良先生は距離をとるべきです。

前原さんが保身のためだけにまさかの敵前逃亡をして民進党が終わったいま、吉良先生がするべきことは、この国への想いを語り、安倍政権を正面から論戦で制して有権者の支持を得ることです。今回の大義はここにあります。まともな野党が必要ですので、その受け皿になってください。

とりあえず自民に入れとけば間違いがない選挙になりましたが、吉良先生の男気が野党再編成に繋がることは間違いありません。どうか大分一区の対応を間違えないでください。ポリティカルモンスターにならないでください。

ひとつ小池さんに言いたいのですが、民進党を叩き潰してくれてありがとうございました。決められない小池知事の功績は、どうしようもない民主主義の敵、国民の弊害である野党4党を、戦略によって息の根をとめたことです。共産・社民の排除をこんなにスマートにやってのけるのですから、軍師百合子おそるべし。

批判のバイアスはポリティカルモンスター前原だけにいき、先見の明を持つ一部の有権者は希望の党に向けられていますが、そんなに数は多くない。ダメージの計算がしっかりできている。安倍首相の解散が、まるでイギリス・メイ首相のような結末になるのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す