中盤だからこそ指摘しておきたい無節操こそ希望の党吉良州司先生の正体

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

あの朝日新聞でさえ300議席に迫る勢いの与党と予測しました。役に立たない民進党議員の再就職先となったことから希望の党は化けの皮を剥がされ、致命的な低迷に陥っています。しかも選挙後に民進党再結成の声。モリカケ問題で自民のこと批判していますが、保身しか興味がないのが民進党議員であることを証明したかたちです。有権者をバカにしているのが民進党兼希望の党候補者です。それはなにも大分1区希望の党公認吉良州司先生に当て嵌まらないわけではありません。

びっくりしたのですが、こんなこと言い出しました。

「希望の看板はプラスにならない」。排除の論理となった政策協定署名に憤慨していましたが、だったら無所属で出馬すれば良かった。そうであれば吉良先生が掲げる将来世代優先は、消費税凍結の党公約によって霞むこともありませんでした。説得力がないただの理想の政策であり、実現性がない夢を選挙で語っているだけの選挙戦を展開しています。

無所属で出馬することで造反者として全国的に注目され、大分1区で「デリヘル事件」が表立つことを怖かっただけ。保身のために希望を選んだだけではないでしょうか?いまさら希望の看板はプラスにならないなんて言われても、言い訳にしか聞こえません。

無条件で希望に入れると勘違いしたあなたの識見のなさを、いまさら言い訳しても遅いのです。言い訳といえば、この先生とにかくそれが目立つ。安保法制国会時、「一度落選した出戻り議員は党内では立場が弱いからあの民進党のくだらないパフォーマンスを止めることができなかった」など説明していますが、ただの言い訳です。「安保法制必要だろ!」とあのなかでプラカード持って主張していたら目立っていたはずです。民進党パフォーマーである蓮舫議員の決起集会参加を吉良先生が許す信念がない姿勢は、流石に引きました。蓮舫執行部を執拗に批判していたのって、吉良先生ですよ。

吉良先生の間違っていない政策の弊害になることになった希望の党の公約消費税凍結。それに苦しめられているのに、いまさら「希望の看板はプラスにならない」なんて言い訳をする。どこだったらプラスになったのでしょうか?問題を作ったのはすべて吉良先生の決断です。何度も言いますが、やっぱりあなたは無所属で出馬するべきだった。みっともない言い訳を今頃するなんて情けない。

何度も失敗している民進党に怒っていた吉良先生を僕は覚えています。変わるかもしれない最後の希望の前原代表は「保身」だけで簡単に当時のムーブメントに縋って信念を投げ捨てました。それに尻尾を振って付いていったのは吉良先生です。本来であれば比較的楽に勝てたはずだったのに、自ら進んで難しい勝負にした。すべて吉良先生が選んだ道です。今回の発言は「希望の看板に期待していたこと」を自ら証明することになった。あなたには無所属で出馬という手段が残されていたのに、中身のないムーブメントに縋っただけ。保身のために選挙をしている民進党議員とまったく同じです。

言い訳と無節操こそ吉良州司先生の正体。実現性がない政策を語ることを「信念を貫く」とは言いません。実現性ある政策こそ信念を貫く根幹です。大分1区の有権者をどれだけバカにしたら気が済むのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました