希望の党小池代表に辞任を迫った唯一の人物が整合性がない当選をした大分1区吉良州司先生だった!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

希望の党の議員懇談会がニュースになっていました。そのなかで小池代表に辞任を迫った声があがったとありましたが、まさかそれが吉良先生だったなんて知りませんでした。吉良先生のメルマガによると、ほとんどが運営の在り方で小池代表辞任を迫る声は少なく、辞任の声をあげたのは3人でそのなかでも「辞任すべき」と求めたのが吉良州司先生だけだったようです。

吉良先生の発言内容は以下。

小池代表の辞任。九州・近畿比例単独当選者の議席返上を迫った。排除の論理と政策協定と上納金の後出しじゃんけんによって民進党系議員が苦しめられた責任問題からくる前原・小池の合流合意についての説明を要求。

この会に参加できなかった同志の気持ちを考えると胸が張り裂けそうな想いで何度も手をあげて発言権を求めたけれど、司会役である比例単独上位当選した樽床代表代行の「排除の論理」によって指名を避けられたことを恨んでいます。

比例単独上位者の多くが小池代表とのお友達であること。安倍首相とのお友達によるモリカケ問題を追及した民進党議員としては筋が通らないことから議席返上を求めているようですが、少なくても九州ブロック上位の中山さん、近畿の樽床さんは前職ではありません。当選するための駆け込み寺を利用した前職議員から出る言葉ではないでしょう。小選挙区で当選していれば説得力がありますが、ほんと情けない。

また新党結成をする場合、お友達で作るのが通例。第一野党となった立憲民主党も過去最低と言われた民主党政権時のお友達メンバーで結成されています。お友達メンバーの新党結成は当然であり、比例順位の優遇は党略です。

逆説的にみれば、吉良先生の同志に議席を与えてほしいという想いになるのですから、これも小選挙区を戦った戦友であるお友達優遇です。「比例は戦友会にしろ」といった高性能なブーメラン。国政にとってどうでもいいお家騒動であり、それでも難癖をつけるのであれば民意への挑戦です。今回の衆院選でも民主主義の挑戦をするような発言を繰り返した吉良先生ですから、なんだか最近心配です。

民進党東京都連会長であった松原さんを「早々に逃げ出した」と非難していますが、少なくても松原さんや細野さんそして吉良先生のお友達である長島さん(希望で小選挙区当選)は、「バカげてくだらない烏合の衆民進党ではこの国を変えられない」と判断した結果の離党です。それができなかった吉良先生です。

政策協定や排除の論理が存在していなければ、民進党議員は希望の党には移らなかったと言っていますが、佐賀の原口さんはどうでしょうか?無所属で信念を貫いて小選挙区を制しました。そもそも「政策協定がない」と判断した民進党議員がいたことが、この党の凋落を証明しているのです。吉良先生の最近の発言がキラっていますが、民進党に長くいるとおかしくなってしまうのでしょうか?
希望の党がこのままふわふわとした小池礼賛の姿勢をとるようであれば、仲間と一緒に別の行動をとるようで「新党結成」を匂わせる発言を行っていますが、ここもおかしい。希望の看板を降ろして選挙戦を展開し、最終的には希望の党で比例復活の整合性がない当選をしているのですから、離党するのであれば議員辞職をするべきです。

高い惜敗率によって信任を得たと評価することもできますが、希望の党があったから議員バッチをつけられた事実は揺るぎません。だからこの党を立て直す責務が吉良先生にあります。逃げだすことは許されません。またこんな見方もできます。選挙中の自民・共産支持者へ向けた心無い発言と、ブレにブレた政策論からみても、比例復活云々ではなく議員としての素質がないのですから、議員辞職を迫る根拠になります。希望の党を捨てるのであれば、議員辞職を大分1区は迫るべきです。

前原・小池合流合意に対しての説明責任を吉良先生が求めるのも筋が通っていない。吉良先生はデリヘル挿入事件の説明責任を放棄したまま大分1区で戦った事実があります。

代表代行もこんな筋が通らない人物に発言を求めても党利党略に何の意味も持たないのですから、発言してほしくないでしょう。小物だから懇談会でも相手にされない、全国ニュースでも名前が上がらないのです。ロジックが優れているわけではありません。勘違いしないでください。

排除の論理って役に立たない人を拒絶することです。僕ら通常の社会生活であれば大問題ですが、国民の生活を左右する議員の選別で使われたのですから、許容されるロジックになります。役に立たない人権派が、論点ずらしてしゃしゃり出ないでほしい。そんな人権派は大分大学だけで勘弁してほしい。イデオロギーを持つ議員の選別で使われた「排除の論理」で当選議員が騒ぎ立てるなんて、本当にみっともない。この時点で日本の政治家の質が悪いことがわかります。

何度も繰り返しますが、2017衆院選大分1区吉良州司先生の敗因は、政策に中身がないからです。

吉良先生が小選挙区で負けた要因は、希望の党そして小池代表ではありません。からっぽな政策と無所属という信念を貫くことができなかったあなたの信条が敗因。いくらでも希望そして民進から離れるチャンスがあったことを忘れないでください。民進党前原代表就任から枝野さん、辻本さんが執行部に入っていた。あれほど前原支持を訴えていた吉良先生が、前原代表就任と執行部発表からメルマガを更新しなかった。その意味は失望と幻滅と受け取れます。

なのに、何も行動しなかったのが吉良先生です。後出しじゃんけんをして被害者ぶっているのは吉良先生の方であることを、大分1区は正しく評価しなければいけません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました