オリンピックが面白いけれどNHK大分南波アナに逢えなくて震える

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

南波アナに逢えなくてもやっぱり震えないのですが、しんけんワイドおおいたがお休みで何にもラフなことが書けない。オリンピック中継の関係で26日からスタートするらしいのですが、NHK大分まなみんこと堀愛実キャスターや緒方直加キャスターに逢えないのが寂しいのです。穢れを溜めた南波アナなら逢いたいです。

この休止によってひとつ問題が生じました。NHK大分が新しいしんけんワイドおおいたのキャスター採用を募集していたことから、まなみんと緒方キャスターどちらかが抜ける公算が高い。この休止によって、ふたりの出番が減ってしまった事実がそこにある。つまり大分在籍時間が確実に減ったのです。

NHK大分の女性キャスターが抜ける法則。直前からブログ更新が減ること。ちなみにお別れの挨拶なしでいなくなるのも法則ですので、僕は今回はそれはないと信じたい。そうみると直近は緒方キャスターが更新していることから該当しないことになる。でもまなみんも更新している。要するにわからない。

少し緒方キャスターのお話をしましょう。田中アナのスタイリッシュ鬼など、なかなかはるかちゃんとは違った言葉選びが優れたポテンシャル溢れるブログを更新しつつある緒方キャスターなのですが、この人年齢不詳です。

北九州出身としての話題になるのですが、あのコスプレ公務員が3児のママだったという衝撃的な事実が公表されました。かわいすぎ。そんな感じで緒方キャスターも年齢がわからない。ラグ女(ラグビー女子特集)では二株キャスターに「ラガーマンに、だっこされたら良かったのに」と、まるで大分大学IPアドレス隠蔽案件のような挑戦的な言動をしましたが、その時の手招く仕草はまるでおばちゃん。でも本人は大人の女性を目指すことを宣言しているから、実際は若いことになる。

北九州女子は年齢不詳だと感じました。この年齢不詳女子に、ブログにもありましたが僕も緒方キャスターのこと「なおちゃん」って呼ぼうかな。

26日まで待たなければいけませんが、ちょっと違ったしんけんワイドおおいたが見られたら良いのに。カーリングのようにもぐもぐタイムがあって、NHKの受信料支払い義務に怒りを募らせる人たちを敵にするようなしんけんワイドおおいたが見たい!僕だけが「もぐもぐタイムをやめるな」と抗議してあげます。そんで大分合同新聞に「公共放送の在り方を考えて」なんて言われたらいいのに。多分、僕、笑っちゃうと思います。

この休止期間、もっとラフなことを書きたかった。姪を5日間預かったときに感じたいつも見せない妻ちゃんの話や、妻ちゃんとその後輩と3人で食事をすることになり事情があってその後輩ちゃんと僕が1時間ほど二人で時間を潰したときに発せられた「おっぱいと会話するって本当ですか?」と、おくびにも出さない僕を維持できなかった話をしたかったのですが、機会があれば。

こんなときにOBSのアナウンサーとか更新がんばってくれたら絡めたのに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました