大分合同新聞コラム東西南北の県高校中央弁論大会の評価に戦慄した

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

大分県高校中央弁論大会の評価を大分合同新聞東西南北がしています。高校生弁士の笑顔と堂々とした姿が印象的だったようです。想像します。大分大学からIPを偽装して言論の自由を侵害された僕も、その熱に触れたかった。

東西南北が評価する高校生が居れば大分はまだ捨てたものではない。しかし評価をした大分合同新聞の厚顔無恥な姿勢と、いまの大分を取り巻く恐ろしい言論空間を大分の高校生弁士は認識しておく必要があります。

女子中高校生にもスリーサイズを聞いていた大分合同新聞

高校生弁士は、不公平な女性差別である医学部不正入試や#Me Too運動のニュースを取り上げて力強く訴えていたようです。その姿勢を見て大分合同新聞東西南北は、彼女たちにニュースを伝える責任があることを強調していますが、感興が醒めるほど戦慄しました。

#Me Too運動の対象にならなければいけないのは大分合同新聞。女子中高校生にスリーサイズを聞いていた過去があります。自らの#Me Too事案は棚にあげて、高校生弁士を持ち上げている気持ち悪い新聞社です。

大分を支える高校生弁士に顔向けできないのは、汚い僕たち大人であることを彼女ら高校生弁士は知りません。それをひた隠ししているのも大分合同新聞。聖職者が児童に猥褻行為を働く事件に似ている気持ち悪い大分があります。

大分の腐った言論空間と大人の責任を若い世代のせいにする日本

県立高校の学校の先生から「卑近な思想だから弁論するな」と言われたら、高校生弁士はどんな感情を抱くでしょうか?そんな筋合いはないはず。実際大分では、先生を育成する国立大学からこのようなことが平然と起きる県です。

頑張っても報われない大分があった大分県教委汚職事件を批判した記事を読んで、大分大学の人権派は怒って税金を使って人権侵害をしてきました。するとお仲間であるリベラル派の超有名な団体からこんな慰めを受けました。

「学生から言論封殺を受けたようですね」。

信じられますか?

学生たちが頑張っても報われなかった大分県教委汚職事件の批判記事を読んでIP偽装までして言論封殺をするのが、高校生弁士と年齢が近い大学生と認定したのです。ここに何の根拠もありません。

努力しても報われなかった学生を既得権で作り上げた県教委や日教組の批判記事を読んでカッとなり、IP偽装して言論封殺を仕掛ける大学生なんてどこに居るのだろうか?

そうであれば大分県教委汚職事件は終わっていない可能性がある。新たな不正採用の萌芽です。調査が必要です。

結局、不明確な対象は立場が弱い人間に責任を押し付けるのが大人たちの世界です。拙劣で幼稚なことをするのは学生と決めつける。政権交代を望み「寛容と人権」を合言葉にするリベラルと呼ばれる人たちが、こんなことを平気でやっているのも日本です。

現政権であろうと、マスメディアやリベラルが望む政権交代が起きようとも、高校生弁士が主張している「寛容で公平な世の中や大分」は遠いことがわかるでしょう。

その要因は、高校生弁士を評価した自身への振り返りできないセクハラ大分合同新聞や、寛容と人権を合言葉にするリベラル派でもある。保守は悪いとニュースでは流れますが、これらの事実は絶対に流れない。こんな卑劣な現状が大分に存在することを知っておくべきです。

堂々とした高校生弁士に、セクハラ新聞社はどんな顔をして評価したのだろうか?戦慄が走るほど大分の怖さを体感した大分合同新聞の東西南北でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました