OBS旬感3chの長浜さま企画で騙された僕は村津アナへの長年の疑念が晴れた

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

幼女を預かった。

つまり姪を預かり、長浜さまに初めて妻ちゃんと3人で行く予定でした。「並んでまで食べたくない」をポリシーとする人が多いところが嫌いな僕がお祭りに行くはずでした。妻ちゃんは姪の浴衣まで買ってはりきっていたら雨。さすがに預かっている幼女に風邪をひかせるようなことがあってはいけないので断念し、そのまま幼女は解放に至り、「ママー」と僕の姉に抱きつき、ママの代わりだった妻ちゃんがちょっと落ち込んでいました。

このような経緯で僕は長浜さまにすごい興味があります。この企画のため今週のすべてを注いでいたのは過言ですが、普段テレビをみない僕だからこそ、この裏切られた感を察してほしいのです。

僕はまた大分県警24時間密着企画をする民放に騙されました。

新聞欄には「大分県警の長浜さまパトロールに24時間密着」とあった。そうすると番組内では3日間に密着になっていて、NHKのドキュメント72時間みたいになっている。当然24時間密着(合計かもしれない)はしておらず、3日間追ったのかもしれませんがその区切りさえもわからない。

以前TOSが大分県警に密着した企画をしたときも24時間で30分の番組枠だったことがあります。それについて記事を書いたところ、制作関係者からクレームを頂いたことがありました。それなのにまた僕は期待をしてしまった。大分マスメディアの24時間警察密着が偽りだとわかっていたはずなのに、今度はOBSの24時間警察密着に縋り、僕はまた失敗したのです。

進撃の巨人のエレンだったら巨人化しちゃいますよ。諫山先生もこんな大分をあの作品に反映したのかもしれません。「TOSのときから何にもかわってねーんだな、おまえは!」と自分を罵りたい気分です。

でもね、「悪そうなやつは大体友達」と対峙する警察官に触れられたのは良かった。大分弁で距離感を詰めようとする警察官の手法って、僕はすごい好きなんです。僕は「すぐ身分証の迎合派」だからこそその手法に触れたことはないのですが、中学のヤンキーと先生が距離感を詰めるときの手法と似ています。

ところで村津アナって穴見議員に似ていますよね。

さすがに今回のOBS旬感3chの企画に「いい加減にしろ!」なんて言いませんけれど、村津アナって誰かに似ているなとずっと思っていました。従業員は関係ないジョイフルへの中傷が多いことから励ましの意味を込めてジョイフルに行ったときに見つけたポスターを見てようやく気づきました。穴見議員に似ているんですよ。

僕は「いい加減にしろ!」と怒られても仕方がないです。

ただ穴見議員に似ていることを伝えたかった。勘違いしてほしくないのですが、僕は村津アナが好きです。

今回の穴見発言で何ら関係がない従業員への中傷に、新聞労連の欺瞞や大分合同新聞が県民女性にスリーサイズを聞いていたことを完全無視した「政権批判の絵踏がないとセクハラは存在しない」を証明した人権派マスメディアBuzz Feedも庇ってくれなかった。「いい加減にしろ」に関係のない従業員も非難され、誰からも守ってもらえないかわいそうなジョイフルに心から愛をこめて。

村津アナが穴見議員に似ていることに気付かせてくれてありがとう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました