大分県教委汚職事件の全容解明を求めるなら特定してほしい教育者

求償権の在り方が争点となった裁判で原告側の主張が認められ、大分県教委汚職事件に絡む民事訴訟がすべて終結しました。

しかし原告側が求めているのは全容解明であり、そのための裁判でしたが空振り三振のゲームセット。この点において何も進歩しなかった大分県があります。

だからこそ提案したい。全容解明に繋がるヒントは大分大学に痕跡を残した教育者にあります。

大分県教委汚職事件の全容解明を求めるならこの教育者の特定を

こんなことを税金で起こせる教育者。

特定野党支持の護憲派教育者が表現・思想・言論の自由を税金で侵害しない大分を
「コドモニージンケンヲーシュケンガー」の日教組ですが、大分大学のIPを偽装し税金を私物化して人権侵害をする護憲派立憲民主党支持の教育者ハンドルネーム豊川さんを確認。この人物は都合が悪くなると逃げました。特定したいので関係者は協力してください。

この質は全国どこの国立大学を探してもないはず。

被害者である秦先生は、夢を持つ若者を大分から締め出したこの県における失望のシンボルです。そんなシンボルを生み出したのが大分大学であること、絶対に忘れてはいけません。

スポンサーリンク

これだけで逃げる教育者って怪しくないですか?

大分大学のIPを偽装し保守を憎む教育者が当ブログ大分論壇に税金で人権侵害をした際、このように返しました。

「大分県教委汚職事件の議論を直接対面して行いませんか?」

それに加え、匿名性を高めるIP偽装しながらこちらの実名を求める程度が悪い教育者に、以下のワードを付け加えました。

  • 日教組(理由:不自然なヘイトをでっちあげ保守を憎むから。大分県教委汚職事件の疑惑:大分県教職員組合枠)
  • 大分大学(理由:大学のIPを偽装しているから。大分県教委汚職事件の疑惑:口利きルート)
  • 大分県教委(理由:文化水準が高い教育者を名乗り、不自然な公務員ヘイトを煽ったから。大分県教委汚職事件の疑惑:大分県教委から大分大学の教授ルート)

これらの組織、すべて大分県教委汚職事件の口利きルートです。

このワードを出すだけで逃げ出す教育者なんて存在するでしょうか?

税金で保守を憎み、ありもしないヘイトを捏造し人権侵害を叫ぶから、これらのワードを絡めて「大分県教委汚職事件の全容解明への議論を直接しましょう」と持ちかけただけ。

それなのに「これからも頑張ってください」と返ってくる。こんな人権モンスターに対してどんな牙の抜き方を僕はしたのだろう。まったく見当もつかない。

だからこそ、この教育者を特定するべきだと提案します。大分大学と付属を含めた教育学部を5年間遡り、調査することに大きな価値があると説きます。

スポンサーリンク

不正の実態に触れられる機会

この人物を特定するだけでは、到底及ばない大分県教委汚職事件の全容解明。しかし不正の実態を掴める可能性があるのですから、せめて特定し話を聞くべきでしょう。

不正の口利きリストの存在を明らかにした県教委ナンバー2元審議監ですら、その中身を話したくないほどの不正の実態。

その実態に触れられる機会がこの教育者にあり、大分大学にその痕跡が残されています。

この教育者を追わないのは、事件の聞き込みをしている最中に逃げ出す市民に手を振る警察みたいなもの。

こんなこと、起こりません。

税金の補填が認められない大分県教委汚職事件と税金で人権侵害ができる教育者

税金で賠償を補填するのがおかしいことで起きた民事訴訟ですが、税金で教育者が人権侵害を加える大分県があり、それを無視し続けているのもこの県。

何もかも矛盾しているのです。

こんなおいしい人物を見逃している県が、大分県教委汚職事件の全容解明を本気で求めているなんて噴飯もの。

税金による補填が認められない大分県教委汚職事件ですが、税金で大分大学のIP偽装して人権侵害ができるのも大分県。

やりたい放題の教育界が、5年前にもまだ存在していたことになります。

大分県教委汚職事件の全容解明を求めるのであれば、せめて特定するべき価値ある人物が大分大学に痕跡を残したハンドルネーム豊川さんです。

特定野党支持の護憲派教育者が表現・思想・言論の自由を税金で侵害しない大分を
「コドモニージンケンヲーシュケンガー」の日教組ですが、大分大学のIPを偽装し税金を私物化して人権侵害をする護憲派立憲民主党支持の教育者ハンドルネーム豊川さんを確認。この人物は都合が悪くなると逃げました。特定したいので関係者は協力してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました