セルジオ豊後論

大分論壇

大分トリニータ連敗の原因がスポンサーの大分合同新聞にあるとしたら

大分トリニータ連敗の原因がスポンサーである大分合同新聞にあるとしたら。既成事実と共に一にもニにも勝てない原因を非科学的に主張します。
大分合同新聞東西南北×大分論壇怪説

大分トリニータのホーム戦で出現する大分合同新聞のセンターサークルシートを考えてほしい

今季大分トリニータホーム戦でセンターサークルシートを提供する大分合同新聞。大分は本当にこれで良いのだろうか?
2020.07.08

「大分トリニータJ3で戦っても入場者数が増える」この大分愛こそ大きな原動力になる

大分トリニータの昨シーズンホームのリーグ戦入場者数が、J2のときよりも200人あまり増えていたことをNHK大分が伝えていました。動員数が落ちると警告されており、僕も厳しい状態になると思っていましたが、少しびっくりしました。スタジアムでもJ2...
2019.06.23
スポンサーリンク

大分トリニータ高松引退 さよならミスターまた会おう

当時はビックアイなんて呼ばれていた時期もあった。そんな現在の大分銀行ドームで初めてネットを揺らしたのが高松大樹だった。オリンピック代表に選ばれ、おちゃめなU-23チームメイトからパンツを下ろされてしまい、ゾウさんがあしらわれたパォーン越しの...
2019.06.23

日本人初の10番にキャプテンマークをつけさせた大分トリニータの決意

本当に良い試合だった。ゲームって生き物だと思えた。自分たちから仕掛けるという意志を持つプレッシング。特に前の2枚のチェイシングは気持ちが入っていた。それに連動して動く中盤と、モタモタしていないディフェンスライン。まるでプレミアリーグで快進撃...
2019.06.23

大分トリニータ今季のスローガン“原点回帰”から見る新体制の評価

大分トリニータ今シーズンのスローガンが「原点回帰」に決まった。原点回帰から見ると、“大分愛”に執着した新体制であることがわかる。片野坂新監督を初め首脳陣は、大分を知っているメンバーが揃った。榎新社長も、前社長の良かった部分である安定した経営...
2019.06.23

大分トリニータ好きいわゆる“大分愛”の育成

J3降格から一夜明け、スポルティーバさんやサッカーキングさんといったサッカーメディアが、大分トリニータの敗因として共通して書いていることがあった。スポルティーバは「焦燥感と倦怠感に徒労感」、サッカーキングはそれら疲弊の答えは「大分愛」と説い...
2019.06.23

2019年J1第5節大分トリニータ 地力に勝る広島に押し切られる

シュートが打てない前半。ティティパンのミドルシュートでスイッチが入る予感はあったものの、後半は地力に勝る広島に押し切られたかたちで敗戦となりました。力負けしてしまったJ1第5節大分トリニータの広島戦です。

大分トリニータJ1で3403日ぶりのホーム勝利 横浜をはめた戦術

前半決定的なシーンを2度逃し「今日はそういう日」の印象も受けましたが、横浜F・マリノスを戦術的にうまくはめてJ1で3403日ぶりのホーム勝利となりました。 勝因として横浜をうまくはめた戦術があげられますが、それを支えたのが縦に流動的に...

大分トリニータがジュビロ磐田に勝利した6つのポイント

ジュビロ磐田の前線からのプレスでバタバタした序盤でしたが、なんとか潜り抜けた大分トリニータ。J1復帰したシーズンは2勝で終わりましたが、まずひとつのノルマを3節で達成です。 ひとつひとつ着実にハードルを超えることが大切です。こ...
2019.03.11
タイトルとURLをコピーしました