憲法9条を広げるのが日本の役割とする大分合同新聞東西南北にお願い

「戦争を防ぐには戦争の準備を怠らないこと」

そう思うのですが、今回はそちらの崇高な理念に従いましょう。

日本の役割として「戦争のない世界、つまり憲法9条を広げること」と大分合同新聞東西南北にはそうありますが、そうであればあなたたちに協力を仰ぎたい。

スポンサーリンク

憲法9条を世界に広げるのが日本の役割とする大分合同新聞東西南北は協力を

憲法9条を世界に広げたい大分合同新聞東西南北に教えたい。文民に他国への武力行使を誘導した憲法9条破壊を目論む大分選出国会議員。
3月12日大分合同新聞東西南北から

せかいでいちばんつよい国」の絵本を紹介し、憲法9条を持つ日本の役割は戦争のない世界を広げることと大分合同新聞東西南北。

そうであればなぜ大分一区選出議員が脅かした憲法9条を無視できているのかわかりません。

大分一区選出吉良州司議員は、自身が設定した独裁国家を相手にしていることを忘れた停戦条件に反対なら「銃を持って暴虐なロシア軍と戦え」と、文民を死に導こうとしました。

文民に他国への武力行使を誘導した吉良州司議員から返答はなし

ロシアの論理(議員の性格・天の邪鬼の論理)を展開し「ウクライナにも非がある」と明言した吉良議員のメルマガには、圧倒的に好意的な意見議員曰くが寄せられており、日本の民意とは大きなズレが生じているのが大分一区。

極めて少数派の反対派として、大分論壇は吉良州司議員に抗議を続けています。

  • おそらく憲政史上初の文民に向け他国への武力行使を誘導した憲法9条破壊国会議員であること
  • ロシアの制裁に反対でサハリンプロジェクトの権益放棄にも反対とするが、「制裁」の文字がある国会決議に賛成している

このようないつもの矛盾した天の邪鬼な性格と前置きする大分一区の民意を無視した大分のプーチンとも呼べる独善的な言動を自由に行っている吉良州司議員の主張の意図を尋ねています。

全世界公開生でデリヘル逃走を含めた質問をしたいと「大分一区の声を聞く」吉良議員にコンタクトしていますが、すべて無視されている状態です。

大分合同新聞や支持した平和団体はなにをおもう?

大分合同新聞東西南北の憲法9条の感覚からしても、絶対に見過ごすことができない文民に向けた他国への武力行使発言。

しかも暴虐なロシア軍と戦えと主張していますので国民を死に導く国会議員になります。

感情論だと理解しますが、それでも森氏女性蔑視などの読解力などで日本の世論を構築できるマスメディア。

その神ってる読解力を排除しても、大分合同新聞や反自民勢力や憲法9条を愛でる大分一区のみなさんは、今回の憲法9条を汚した吉良州司発言はけっして見逃すことはできないはず。

「自分の主張に従わないなら戦争に行け」は国会議員辞職レベル発言です。

特に支持した連合大分傘下の平和団体は、なにをしているのですか?

憲法9条で世界の平和を構築したいと考える崇高な理念を持つ大分合同新聞東西南北は、大分一区選出の国会議員から発せられた憲法9条破壊言論を重く見ていただきたい。

デリヘル逃亡の前科がある議員。

今回は平和を愛する共通の理念で、イデオロギーを超えた大分一区総出の討伐という民意発動の機会です。

大分合同新聞東西南北は力になっていただきたい。

首班指名で5票集めた未来の首相候補であることも考慮して、正常かつ公平な判断をしていただきたいです。

これができなければ憲法9条は言論のお遊戯だと自ら認めていることになります。

タイトルとURLをコピーしました