寺澤敏行さんが釣ったサワラでアニサキスを思い出した

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

NHK大分の寺澤敏行アナがサワラを釣り上げ、捌き、刺し身にして食べたようです。

サワラ釣り No.464 | てらブロ | NHK大分放送局スタッフブログ:NHK
夜明け、 堤防、 サワラが釣れました。 凄い引きでした。 80センチ!...

そこで気になるのがアニサキス。寺澤さんは大丈夫か?

スポンサーリンク

サワラに寄生するアニサキスを佐伯鶴見で知る

佐伯鶴見に知り合いの漁師さんがいます。「刺身にできるサワラがあるから食べなさい」ということで、いただいた時のお話をしましょう。

あのアニサキスがサワラにもいる。

業界では有名だからこそ、漁師さんはこのように提供してくれました。

漁師さんがサワラを刺身で食べるためにしてくれたこと

  • すごい新鮮(新鮮である条件下では、サワラにおいて身に移るアニサキスを見たことがない話も)
  • 〆てすぐ内蔵を取り出した
  • 捌いた後もアニサキスを目視する(身にはいなかった・お尻付近に確認)
  • 炙ってサワラのたたき(炙ってもアニサキス予防としては弱い)

ここまでしてくれた漁師さんにマジ感謝。おいしくいただきました。

寺澤敏行アナとアニサキスの行方

サワラ捌き No.465 | てらブロ | NHK大分放送局スタッフブログ:NHK
サワラ、3枚おろし、 キッチンからはみ出ています。 なんとか捌けました。 刺身、...

ブログを見ると内蔵をとっているのかどうかわからない。食材のいろどり探しの写真であることから新鮮さが不明瞭。身が割れる魚としても有名ですが、若干崩れている。

火を通すてんぷらと西京焼きはおいしそうですが、お刺身が心配。僕が佐伯鶴見でいただいたサワラとはなんだか違うよう。

だからこそ気になる。寺澤さんは無事だろうか?

海の幸が豊富な大分だからこそ、寺澤さんへ向けられた最終的な大分の洗礼とならないことを祈ります。

海の幸が豊富な大分で捌き方と食べ方

YouTubeに丁寧な捌き方の説明動画がありますが、大分が捌き大分の食べ方として紹介するのも面白い。海の幸が豊富で食品として紹介する大分のテレビ局はとても多いですが、その過程が抜けています。

こんなに海の幸または山の幸にも優れた大分だからこそ、もっと食育の啓発を県民に広めるのも面白いように感じます。豊富な食べ方の紹介は、大分マスメディアが最近よく取り組んでいる食品ロスにも繋がるでしょう。

寺澤さんのサワラとアニサキスの懸念は、同時にこんな食育の大分も浮かんでくるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました