今ここにある大分県のコロナ危機に県民ができること

コロナ院内感染によって迎えた大きな局面を乗り越えつつありますが、それでも感染者が増加しているのが今の大分県です。

正しい情報で行動をすることがすべての大分県民に求められます。ネット上では自称医療関係者や有資格者の疑わしく無責任なコメントが県内で広まっています。

コロナの第2感染を防ぐことがマスメディアの使命としている大分合同新聞サイトのコメント欄でこのようなことが平然と起きている大分です。

大分合同新聞のコロナ記事にある読者コメントの価値がわからない
正義キッズの共演。不必要に感染者特定を望んだり、調査結果もない段階で医療従事者と県関係者を罵倒。大分合同新聞コロナ記事にあるコメントの価値がわからない。

マスメディアだけではなく、一般市民による政府・県政批判もこれから起き、情報が錯綜することも考えられます。その錯綜による独断的な行動が感染拡大、そして市民生活の混乱を生むきっかけです。

マスメディアなどが無責任とは言いませんが、行政機関として責任の所在がはっきりとしているのは大分県庁であり広瀬知事であり、市町村の首長です。検査体制を強化構築することを知事自ら公言しているのですから、県や市町村に従うのが賢明な判断。

医療資源が限られていることを前提にした行動が県民に求められます。

大分県庁と広瀬知事そして市町村からの発表とお願いを最優先に

広瀬知事による大分県民の誰も見捨てないための重大なお願いです。ここで失敗すると、命の切り捨てが起きることになります。その鍵を握っているのは、僕たち大分県民です。
「余分なスペースキーがある」の指摘をするよりも、しっかりと読み共有することが県民に求められます。

大分大学医学部平松教授の話をとりあえず読んで落ち着こう

大分合同新聞のコメント欄には県や医療従事者に向けた安全地帯からの批判が集中していますが、とりあえず専門家の話を聞いて落ち着こう。

「院内感染対策には県民の協力が不可欠」平松和史大分大医学部教授に聞く - 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate
大分合同新聞プレミアムオンライン「Gate」では、大分県内ニュースを中心に速報、イベント情報や世界の主要報道などを掲載しています。

大分合同新聞コメント欄のようなワイドショーで仕入れた情報でなんちゃって専門家になった批判や情報ではなく、県や臨床経験が豊富な医療従事者が主導する情報に従ってください。

これが平松大分大学医学部教授平松教授がいう「県民の協力」です。

裏を返せば大分合同新聞は感染拡大と医療崩壊を希望していた

大分合同新聞は入国制限に苦言を呈す。日本の感染拡大防止対策に明確な意図があるのに、日韓のイデオロギー闘争に耽ける。

コロナ社会不安にマスコミの使命を宣言する無責任な大分合同新聞

大分合同新聞の記事を引用し批判するとgoogleからポリシー違反
税金を使って言論封殺ができる大分県。安倍首相の言い間違いを誤字で批判した大分合同新聞東西南北をスクショで掲載すると、googleからポリシー違反。文化庁の引用5要件を満たしても言論封殺に勤しむ。大分の左派すげーよ。

東西南北の言葉を借りて「裏返せば」、県内の感染拡大と医療崩壊を希望していた大分合同新聞とも読めます。しかも第2感染を防ぐ使命を公言しているのに、自社サイトの無責任なコメントは放置状態。

そんな大分に住んでいることもお忘れなく。

感染を疑う場合の対処 大分合同新聞から

コロナ感染を疑う場合の対処法を大分合同新聞がわかりやすくまとめています。熱が出たり、持病がある方、そして不安になっている妊婦さんや親御さんも参考にしてください。

これから体調が悪くなる方の賢明な対応によって、大分の危機状況が変わってきます。冷静にかかりつけ医や保健所に電話相談をしてください。

県庁サイトから保健所の連絡先がわかりにくいのでNHK大分から抜粋。

NHKおおいたから スマホの方はリンクのほうがわかりやすいです

県の専用窓口も24時間対応です。(大分合同新聞から)

感染予防と拡大防止のために県民ができる対策 NHKおおいたから

感染拡大防止に意味があるマスク OABから

コロナ疲れの大分県で必要になってくる娯楽の提供先

著名人の方の声もコロナで疲弊している県民の笑顔を作れます。OBSは呼びかけてコンテンツを充実し、ネットで見られるようにしてほしい。

大分県民ひとりひとりの行動がコロナ危機を乗り越える

県民みなさんの規律と賢明な行動が、いまそこにある大分県のコロナ危機を乗り越えることができます。

冷静に対処し、錯綜する情報に惑わされず、危機感を持ちながら適度に笑顔になれる大分県内が、コロナ危機に立ち向かう一歩です。

タイトルとURLをコピーしました