ホタルをみたことがないNHK大分本多葵キャスターから発展する恋愛論

  • Pocket

NHK大分の清楚系キャスターぽんちゃんこと本多葵キャスターは、ホタルをみたことがないようです。意外に多いんですよね、ホタルを見たことがない女子。彼女がホタルを通じて寄せる大分への期待と、ホタルから始まる大分ラブストーリーについて。

大分でホタル鑑賞の希望を語る本多葵キャスター

「静岡出身でホタルを見たことがないので大分で観たい」。不寛容社会は「大分は田舎のレッテル」と受け取る発言。不毛な議論が起きる予感もありますが、これは杞憂に終わるでしょう。大分県でもホタルを見たことがない女子が意外に多いのですから。

ホタル観賞や催しを紹介するために出た発言であることから、それを裏付けるように大分県内は観られる場所が多いのです。

ホタルを女子に見せると

僕がホタル鑑賞に連れて行った女子が言うには、本当に存在していることすら知らなかったといいます。「ツチノコと同じような架空の生命体」(妻ちゃん談)のような人もいるのです。

そのツチノコレベルの架空生命体を見せると女子はどうなるのか?

それはもう感激です。

幻想的とも言える場所に連れて行ったことから、それは「ラブストーリは突然に」のイントロが流れるようなシチュエーションを作れます。ホタルは、君と彼女(もしくは逆もあっていい)を仲介する役割を担うかもしれません。

語呂合わせで、一応忠告しておきます。そこからホテルなんて言うのは止めたほうが良い。同意なき強引なホテル、もしくはホタルでホテル論を大分論壇は認めません。

ホタル情報に頼れることもある市町村のサイト

先日、市町村に向けたアンケート記事を作成しました。その時にNHK大分の本多葵キャスターがホタルを観たことがないことを思い出し、ついでに市町村のサイト内で検索してみると、ゴロゴロ情報が出てきます。

催しを行っていない地域でも保全活動を行っている報告もあることから、それだけホタルが見れる環境が整っていることになります。その方々の努力に敬意を払いつつ、市町村のサイトもこんな活用ができることをお伝えしときましょう。

試しに調べてみると良いです。役所が把握すれば、市町村として新しいアイディアが浮かぶもの。ここからまちづくりのヒントになるかもしれません。

マナーを守って鑑賞を

SNSで一気に拡散されることから、情報は入手しやすいです。そうなると、マナー違反も懸念されます。その周辺に民家があることも珍しいことではないのです。

知人の実家周辺の鑑賞地域では、人が増え採集したことで翌年から数が少なくなった報告もあります。それほどデリケートな生命体がホタルです。

また男が思っている以上に、女の子って男子のマナーを観察しています。ホタル観賞に連れて行って、マナー鑑賞を受けたなんてこともあり得るのです。ホタルが仲介する恋愛を自ら可能性を下げる。死神に向かっていく暴走族のよう。

飛ぶホタルってほとんどがオスで求愛活動をしてメスにアピールをしているのです。それはホタル観賞で女子に関心をもってもらおうとする男子のよう。求愛活動を見に行って、マナー違反で振られるなんてことがないように。

マナーを守って大分ラブストーリーに繋げてください。

  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す