沖縄に心を寄せる大分合同新聞はなぜ宜野湾市長選の結果について書かないのか?

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

5日経過した後も、宜野湾市長選について論説や東西南北で触れない大分合同新聞に、もう僕は我慢できない。

以前大分合同新聞は、沖縄に対して「心を寄せる」と表明したことがある。僕ももちろん同じである。その大分合同新聞はオール沖縄の支持者だ。24日の宜野湾市長選挙で、まさかオール沖縄が負けることになった。「オールとはいったい・・・」と絶句しちゃったのだが、心を寄せる大分合同新聞は、論説にも東西南北にも触れないでいる。心を寄せる大分合同新聞であるのにおかしい。何が起きているのか?と僕なりに推察してみた。

「民意ってなんだ?」の落としどころである最終プロセスでオール沖縄が負けたことで、逃げるしかなくなった大分合同新聞。“ハーフ沖縄”であった現実を直視できないことで逃げている可能性。左派がいうように「辺野古は市長選の争点になっていない」などと、さすがに駄々をこねることはできないだろう。ジャーナリズム精神はまだ持っているはずだ。だから逃げることを選択した説。

しかしだ、僕はこちらの説が有力だと思い込みたい。沖縄に心を寄せているのに、自分たちが取り返しのつかないことをしたことに、ようやく気付いた可能性。

安保法制の際「世界に再び銃口を向けようとしている」と書く戦争法の大分合同新聞は、結局自分たちがしていることこそが、沖縄のことを何も考えていないことに今頃気付いてしまった。「国防とは?在日米軍の存在とは?」考えることができる良い機会だった。

なのに「戦争法」と市民団体と一緒になって、ジャーナリズムがアレルギー反応を起こしてはしゃぎ回った。していることは沖縄を無視していただけ。国防や安全保障を真面目に考えることで、沖縄になぜ在日米軍が必要なのかを考えることができたはず。憲法9条を見直し、自衛隊を抜本的改革をすることで、在日米軍の在り方を考えられる機会となったはず。それをジャーナリズムが放棄した。それじゃ沖縄に心を寄せるなんて言えない。沖縄を見捨てた言動を続けたのだから、さすがに書けない。どんな顔を沖縄のみなさんにすればいいのかわからなくなった。だから書けないと推察している。

広瀬大分県知事は大分マスメディアに対して「鋭利な感性を持っているみなさん」と言ったことがある。こんな風な見方を大分合同新聞にすると、やはりすごい新聞社だなと思うのだ。いまからでも遅くないので、「沖縄に心を寄せている」と表面上の感情で満たす論説を書いてほしい。オール沖縄大分支部としての意見を聞きたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました