「崇高な大分大学の人権派をぷろでゅーす」ツイッターアカウント開設します

  • Pocket

大分大学のIPを偽装し運営交付金を使ってハラスメントをしても問題にならない大分県であり日本。

「ネットには保守が多く韓国・中国・公務員のヘイトに心を痛めている」と自己紹介しますが、大分県教委汚職事件をめぐる不正採用に日教組枠があった話を振ると逃げ出してしまう人物でもあります。

大分県教委から大分大学教授の地位を掴み、なんら落ち度がない学生を不正採用に巻き込んだ前例がある大学。ちなみにその学生(後に教諭となるが汚職事件によって採用取消処分)は行政訴訟でヘトヘトになり、いま県外で教諭となっています。結果的に大分県は志高い若者を締め出すことに成功しました。

ヘイトの定義に公務員。あまりにも不自然です。真相究明がされていない大分県教委汚職事件だからこそ、まだ汚職が終わっていないような気分にさえさせられる逃亡劇のように感じます。

元大分県教委でそこから大分大学に来たとしたら・・・。既得権益を守るために大分県教委汚職事件を批判する当ブログに嫌がらせをしてきた可能性がある。

まだ不正採用が続いているかもしれない大分。

だからこの卑劣な人権派を突き止めたい。しかし総務省行政監視行政相談センターの話では、国は「ハラスメントは人権侵害ではない」としています。「運営交付金を使った嫌がらせが憲法違反なら国を訴えて」と煽ってきて担当者の名前を明かせない人権擁護課、大分大学は数百のアクセスがあるにも関わらず「初めて知った」と言います。

行政はリベラルの人権侵害は問題なしとし憲法すら守れない。国立大学は多様性を標榜するのに、学府から行われた人権侵害には無関心。だから斜め上から戦うことを決めました。

大きな問題にならないのであれば、もうアイロニーにするしかない。某漫才師のように「笑って誤魔化すなよ」とかっこいいことを言えるようにがんばります。

  • Pocket

大分のリベラル勢力による言論封殺への抵抗

 

当ブログ大分論壇は

大分大学の日教組を愛し保守を憎む人権派から言論封殺を受けました。

しかもIPアドレスを隠蔽して。指摘すると逃げ出しそれ以来まったく反応はありません。

国は誰にでもある表現・思想・言論の自由があることを回答拒否。そんな県で国民文化祭2018おおいた大茶会が開催されました。

どんな人でもどんな身分であっても発言しても良い。

気に入らない発言を見つければ、安易に人権を濫用して発言させない大分にしない。

人権派を装うが、本性は差別主義者であるリベラル勢力の存在を知ってほしい。

そんな大分のために当ブログ大分論壇は存在しています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す