大分譚誌

妻かわ

実家の妻への愛が強すぎることで感じた孤独な帰省

トロツキーが好きなことから、僕の妻ちゃんは結婚してから彼女のごく親しい友人からツマツキーと呼ばれています。彼女の名前は「あ」が最初につくことから、仮に「あーちゃん」と呼ばれているとしましょう。 実家に帰った時に僕が直面した孤独は、母や...
大分譚誌

週間SPA!から派生する僕とヤリたい女子大生(元)と性行為の同意

週間SPA!のヤレる女子大生の大学ランキングで、各方面から抗議活動が広がっています。#Me Too運動を取り上げる大分合同新聞は、過去県内女性を含む女子中高校生にもスリーサイズを聞いていましたが、その過去に振り返ることなく女性の権利を叫ぶ。...
大分譚誌

杵築市立図書館が読書手帳を導入!年末の本物語について語ろう

【大分県内ニュース】進化する“学びの場” 杵築市立図書館 #oita #大分 — 大分合同新聞 (@oitagodo) 2018年12月19日 全国に広がりつつある読書手帳を導入した杵築市立図書館が羨ましい。でも落とした時...
大分譚誌

続・大分の女子高校生が信号機のない横断歩道で渡るのを待っていることから始まるスカート備忘録

彼女は僕の車に難癖をつける。女子高校生のスカートへの高揚は自分の軽では感じることができないと妻ちゃんは結論づけた。その理由こそが僕の車にあるようだ。僕は車高が低いMTの車を乗っている。結婚前から乗っており、彼女の軽と一緒に僕らの生活に加わっ...
大分譚誌

大分の女子高校生が信号機のない横断歩道で渡るのを待っていることから始まったスカートについての考察

新しいことを始めます。 その名も「大分譚誌(おおいた(た)んし)」。僕の大分での日常を物語にします。 土日だけに限定した試験投稿です。長くなった場合、週をまたぐこともあるかもしれません。 僕は大分大学と大分リベラルが人権侵...
タイトルとURLをコピーしました