大分論壇

大分大学経済学部青野准教授が大分合同新聞に不在の2019年憲法記念日

自分では否定しますが、僕はレイシスト・女性蔑視の差別主義者になりました。

大分大学の人権派・日教組を愛で保守を憎み教育者を名乗るハンドルネーム豊川さんからそう指摘を受けました。大学のIPを偽装していることを糾弾し「大分県教委汚職事件について議論をしましょう」と持ちかけると逃げ出したことから、僕は差別主義者のままもう4年を過ごしています。

人権を尊重する僕が一方的に差別主義者になったことから本当に辛いです。メイラックスやコンスタンを服用するまでになりました。

2015年6月5日金曜日の10時~12時という“昼前の自由時間”を使い、自身のイデオロギーの普及を税金で満喫する。これが国立大学・大分大学で行われていたひとつの事実。

僕が差別主義者であれば反省しなければいけませんが、大分大学の人権派が逃げ出したことからわかりません。これは差別主義者を野放している大分が存在していることになる。

人権を尊重する方や教育者はこれで良いのですか?

総務省大分行政監視行政相談センターの話では「大分大学は初めて知った」だけで、それ以上の反応は何もありません。大分大学から数々の不祥事が起きると、大学の総務部からアクセスがある当ブログ。累計数百アクセスを超えているのに「初めて知った」が出てくる。

そんな国立大学に在籍する大分大学経済学部青野准教授は、憲法記念日に大分合同新聞とタッグを組んでいましたが、去年に続き准教授不在となった2019年憲法記念日。こんな大分は絶望です。

続きを読む

村山富市元総理がNHK大分に語った平成と令和

特定野党の拙劣な政治観を露呈することになった安保法制国会では夏に負けない姿を見せ、大好きな広瀬知事の祝賀会でも健在な姿を見せた「とんちゃん」で親しまれている村山富市元総理。大分初の総理大臣がNHK大分「いろどりOITA」で平成と令和について語りました。

とんちゃんの人柄を垣間見ることができる印象的な語りをご紹介しましょう。

続きを読む

喫煙者を採用しない大分大学の正当性と国立大学の使命

大分大学IPアドレス隠蔽事件追及のため文科省に「運営交付金で行う人権侵害を認めますか?」と質問したことがあります。すると「国立大学法人化に伴い運営は大学に任せているので大分大学の責任」と返ってきました。

文科省は税金でハラスメントを含む人権侵害を容認していることになりますが、これもひとつの独自性かつ自主性。そこからみれば正当化できる大分大学の喫煙者を採用しない方針(非喫煙者を優先的に採用)です。

長崎大学に続いての方針となりますが、学府として問いたいこと、そして大分の問題として共有したいことがあります。

続きを読む