大分合同新聞論説×大分論壇怪説

大分合同新聞コラム東西南北が訴える平和は虚像

4日大分合同新聞コラム東西南北は、イスラム国に残虐に殺害された後藤健二さんが訴えた平和の大切さを風化させてはいけないと訴えています。後藤健二さん著「ダイヤモンドより平和がほしい」をご家族が購入し、小学5年生お子様がその本の表紙をみるとニュースを思い出すことを伝えています。

あくまでも僕のポリシーで語らせていただきますが「大分を守れない人が世界の平和をジャーナリズムとして守れるでしょうか?」。

そう、大分合同新聞に問いかけたいです。

続きを読む

福沢諭吉記念全国高校弁論大会で大分県はまた高校生弁士を裏切る

県高校中央弁論大会で、女性差別・#Me Tooなど理不尽な社会を嘆いた高校生を絶賛していた女子中高校生にスリーサイズを聞いても全く問題にならない大分合同新聞。そんな新聞社がまた高校生弁士に良い顔をしようとしています。今度は大分県も加害者です。

続きを読む

徳島新聞のアイドル取材に負けるな!大分合同新聞に提案する3つの視点で全国へ

日本一アイドルに熱い地方紙として、さまざまなアイドルに取材を試みている徳島新聞。乃木坂46のお見立て会を取材し、新時代の幕開けとなる4期生の特徴を取り上げています。

部数が落ち続けている地方紙は、独自の視点で生き残りを賭けています。では我らの大分合同新聞はどうか?大分になくなると困っちゃう僕が、徳島新聞のような独自の視点を3つ提案させてください。

全国に読まれる地方紙大分合同新聞を考えました。

続きを読む