セルジオ豊後論

「大分トリニータJ3で戦っても入場者数が増える」この大分愛こそ大きな原動力になる

大分トリニータの昨シーズンホームのリーグ戦入場者数が、J2のときよりも200人あまり増えていたことをNHK大分が伝えていました。動員数が落ちると警告されており、僕も厳しい状態になると思っていましたが、少しびっくりしました。スタジアムでもJ2のころと同じくらいでなかなか定着していると感じていましたが、数字として出されると大分愛を感じることができ、嬉しくなるものです。

大分愛こそ、大分トリニータの原動力であることを主張してみましょう。

湘南、札幌、セレッソと上がっては落ちてまた昇格を繰り返すクラブは、何もJリーグだけの特徴ではありませんが、なぜこれがわかっているJ1経験クラブが定着することを視野に入れたクラブ方針を掲げないのか?もちろん財政事情などあり、戦力補強がうまくいかないなど理由はあるでしょうが、それで諦めてしまうのであれば、J1に定着することなどできないでしょう。これは何も大分には関係ない話ではありません。

片野坂監督は今季の目標について、とにかくJ2で戦い昇格を視野に入れていないことをNHK大分のインタビューで答えていました。指揮官がその方針であることは残念に映るサポーターも多いでしょうが、腰を据えたという意味でみれば、J1定着をするための戦い方が始まると考えます。定着をするためには戦力補強も重要ですが、財政事情が厳しいクラブがするべきことは、いま持っている駒の潜在能力を上げること。そのときにこそ、大分愛が役に立ちます。

育ててしまった後に出ていかれると、またその繰り返しになります。これは育成クラブや弱小クラブの宿命です。でもそれでも出て行かない選手もいます。クラブに忠誠を尽くす。セレッソの日本代表山口選手もそれに代表される選手になるでしょう。そんな選手を大分で増やすことこそが、J1定着の足掛かりとなります。そのために必要なものが大分愛です。

たった200人の増加となりましたが、J3であっても入場者数は落ちなかった。これは大分の大きな強みです。大分愛がこのまま育ち、愛される選手が増え、その選手たちも大分に忠誠を尽くすことになれば勝ち点にも影響することになるでしょう。そうすると入場者数は増えます。この定理はクラブが強くなるためには欠かせません。強くなれば観客数は必然的に増えます。

そうなると多くの観客の目を気にする企業が増え始めます。スポンサーが増えることになり、それはトリニータの財政事情を強固にするでしょう。そうなると選手を移籍させないように、満足できる条件を提示することができるようになります。スポンサーになりたがる企業もあると聞きますが、やっぱり「弱いから」といった理由で上層部が反対しているという大分企業さんも多いようです。それを見返すことができるのが勝ち点の増加であり、そこにこそ大分愛が必要です。

たった200人の増加。この数字は大分トリニータにとって、飛躍への大きな足掛かりとなるはずです。同時にもうひとつ主張したいことがあります。それはJ3でも踏ん張ったサポーター同志です。大分愛の礎を守ったのが、大分サポーターであることを忘れてはいけません。いずれそれを証明できるときがくるでしょう。そのための戦いが始まります。

大分トリニータ高松引退 さよならミスターまた会おう

当時はビックアイなんて呼ばれていた時期もあった。そんな現在の大分銀行ドームで初めてネットを揺らしたのが高松大樹だった。オリンピック代表に選ばれ、おちゃめなU-23チームメイトからパンツを下ろされてしまい、ゾウさんがあしらわれたパォーン越しのちんkを晒したことで全国区となった。

大分そのものが攻撃的なスタイルではないことから、決定力不足と嘆くのは、当時の僕はちょっと違うと思っていた。だからこそ高松の決定力は、大分では輝いて見えたはずだ。またボールを収めることができる唯一の選手だった。打点の高いヘディングこそ彼の代名詞であり、もっと左右ともに精度が高いクロスがくれば大分トリニータの得点数も伸びていただろうと、何度考えただろうか。

そして新潟から鈴木慎吾選手が加入したとき、僕の理想は具現化することになった。高松こそが僕の戦術論をかなえてくれる唯一無二の存在となった。サッカーの戦術を考えるのはとても楽しいことを、高松から喜びを得たことになる。

そういえば僕は、高松が初体験となった。初体験といっても、そのパォーンなものから受ける喜びではないが、かけがえのない喜びを知ることになった。自分が応援しているクラブから日本代表として選出され、試合に出場することがどれだけ素晴らしいことなのか。話題になった大分カルテットは元大分トリニータで構成されているが、高松は紛れもなく大分トリニータに在籍しているときに、キャップ数を記録した選手である。大分の少年少女たちがこの喜びを知ることこそが、大分トリニータ再建に必要な要素だと思う。

あのPK失敗は印象的だった。でも高松の失敗で降格ならまだ我慢できる。ミスタートリニータであっても降格は避けることはできなかったと、僕に遠い目をさせてくれる選手だった。「すまんな。ほんとごめん」と言っているような背中が忘れられない。トリニータの父である平松さんも亡くなり、その年に大分トリニータ全盛期を知っている選手が引退することになった。ひとつの時代の終焉となるだろう。

うまくいかないクラブに対して、「もうなくなってしまえばいいのに」なんて思ったこともたくさんあったが、高松が引退することによって、都合の良い望みが必然的に生まれることになる。クラブでミスターの称号を与えられた者は、指揮官として戻ってくるのがよくあるシナリオだ。

さよならミスター。また会えたら会おう。

 

スポーツのTOSとは・・・

僕が知っている限りにおいて、ボールを蹴りながら学校に通っていた時期からTOSは欧州No.1クラブを決定するチャンピオンズリーグを放送していない。僕が初めてチャンピオンズリーグの存在を知ったのは、お父さんが画家で川べりでリフティングをしているクラスメイトの岬君からだった。「おまえそんなのしらねーの?サッカーしている価値ねえよwww」と僕ら大分県民に勝ち誇っていた。だが彼は知ることになる。「サッカーしている価値がない」存在の一員になることを。

今思えば彼の感性は素晴らしかった。「横じゃなくて前に出さないと意味ねーよ」とパスといえば安全圏にいるチームメイトにボールを預ける概念を当時の僕らは抱いており、それをパスサッカーと呼んでいた。しかし彼の感性はパスサッカーとはいかに効率よく、アタッキングサードまでボールを運ぶことを意味していた。ボランチに預けるときも、ボランチが数歩出て受け取るようにパスをするほどだった。パスができない下手くそと言われていたが、彼が意図することを周囲が理解できていないだけで、彼は僕らよりももっと先を見据えていた。それほどストイックに前に運ぶことを彼は考えていた。「あいつ生意気な転校生だな」と悪評も多かったが、僕は彼のことが好きだった。そしてみんなも彼を認めていった。“ちゃんぴおんずりーぐ”を知っている彼が正しいのだから。

TOSはこんなことを言っている。「スポーツのTOS」。僕には「田中愛佳アナのTOS」にしか見えない。チャンピオンズリーグを放送しない弊害というのは、やはりサッカーIQが低くなることだ。トリニータの成績低迷が止まらない。大分トリニータを大分に残さないといけない気持ちを、大分マスメディアの共通認識とするのであれば、TOSチャンピオンズリーグを放送する環境を整えることもひとつの方策。 目が肥えれば舐めたプレーをする選手も少なくなる。サポーターが高いレベルのサッカーに触れる機会を得られることができれば、それだけトリニータに還元される。 

登下校はボールを蹴るのをやめて大分のモウリーニョと僕は変化したが、僕が選手のプレーよりも、11人がピッチ上で奏でるサッカーの戦術について興味を抱くようになったのは、紛れもなく岬くんである。そして突き詰めていけばチャンピオンズリーグなのだ。ひとつのプレーで選手がどうこういっている人間が大分には多い。11人でプレーするのだから、その選手のミスが目立つ前に防止する対策は絶対あったはず。そこを突き詰めないと、いつまでたっても大分にサッカーIQは根付かないだろう。すなわち大分トリニータが強くならないことを意味する。

田中愛佳アナとスポーツのTOSという“ふたつのボール” を操るTOSになってほしい。TOSのせいで、インターネットカフェに行くことが多かったが、今年初めて満員で入れなかった。いろんな事情がTOSにもあるだろうが、大分のチャンピオンズリーグ難民をTOSは救ってほしい。

さぁ後半、トーレスが倒されPKだ。