セルジオ豊後論

昭和電工ドーム大分の命名権審査結果に透明性を

大分トリニータのホームスタジアムそしてラグビーW杯で使用されるスタジアムが、大分銀行ドームから昭和電工ドーム大分に変わることになりました。

大分合同夕刊自転公転には手放しで喜ぶ文字が踊っていましたが、疑問視している大分トリニータサポーターもちらほらと見受けられます。

学識経験者による選定委員会の協議。県によるネーミングライツ審査結果表を凝視すればするほど、その協議と審査は不明瞭であり透明性を欠いているように思えるのです。

続きを読む

「大分トリニータJ3で戦っても入場者数が増える」この大分愛こそ大きな原動力になる

大分トリニータの昨シーズンホームのリーグ戦入場者数が、J2のときよりも200人あまり増えていたことをNHK大分が伝えていました。動員数が落ちると警告されており、僕も厳しい状態になると思っていましたが、少しびっくりしました。スタジアムでもJ2のころと同じくらいでなかなか定着していると感じていましたが、数字として出されると大分愛を感じることができ、嬉しくなるものです。

大分愛こそ、大分トリニータの原動力であることを主張してみましょう。

湘南、札幌、セレッソと上がっては落ちてまた昇格を繰り返すクラブは、何もJリーグだけの特徴ではありませんが、なぜこれがわかっているJ1経験クラブが定着することを視野に入れたクラブ方針を掲げないのか?もちろん財政事情などあり、戦力補強がうまくいかないなど理由はあるでしょうが、それで諦めてしまうのであれば、J1に定着することなどできないでしょう。これは何も大分には関係ない話ではありません。

片野坂監督は今季の目標について、とにかくJ2で戦い昇格を視野に入れていないことをNHK大分のインタビューで答えていました。指揮官がその方針であることは残念に映るサポーターも多いでしょうが、腰を据えたという意味でみれば、J1定着をするための戦い方が始まると考えます。定着をするためには戦力補強も重要ですが、財政事情が厳しいクラブがするべきことは、いま持っている駒の潜在能力を上げること。そのときにこそ、大分愛が役に立ちます。

育ててしまった後に出ていかれると、またその繰り返しになります。これは育成クラブや弱小クラブの宿命です。でもそれでも出て行かない選手もいます。クラブに忠誠を尽くす。セレッソの日本代表山口選手もそれに代表される選手になるでしょう。そんな選手を大分で増やすことこそが、J1定着の足掛かりとなります。そのために必要なものが大分愛です。

たった200人の増加となりましたが、J3であっても入場者数は落ちなかった。これは大分の大きな強みです。大分愛がこのまま育ち、愛される選手が増え、その選手たちも大分に忠誠を尽くすことになれば勝ち点にも影響することになるでしょう。そうすると入場者数は増えます。この定理はクラブが強くなるためには欠かせません。強くなれば観客数は必然的に増えます。

そうなると多くの観客の目を気にする企業が増え始めます。スポンサーが増えることになり、それはトリニータの財政事情を強固にするでしょう。そうなると選手を移籍させないように、満足できる条件を提示することができるようになります。スポンサーになりたがる企業もあると聞きますが、やっぱり「弱いから」といった理由で上層部が反対しているという大分企業さんも多いようです。それを見返すことができるのが勝ち点の増加であり、そこにこそ大分愛が必要です。

たった200人の増加。この数字は大分トリニータにとって、飛躍への大きな足掛かりとなるはずです。同時にもうひとつ主張したいことがあります。それはJ3でも踏ん張ったサポーター同志です。大分愛の礎を守ったのが、大分サポーターであることを忘れてはいけません。いずれそれを証明できるときがくるでしょう。そのための戦いが始まります。

大分トリニータ高松引退 さよならミスターまた会おう

当時はビックアイなんて呼ばれていた時期もあった。そんな現在の大分銀行ドームで初めてネットを揺らしたのが高松大樹だった。オリンピック代表に選ばれ、おちゃめなU-23チームメイトからパンツを下ろされてしまい、ゾウさんがあしらわれたパォーン越しのちんkを晒したことで全国区となった。

大分そのものが攻撃的なスタイルではないことから、決定力不足と嘆くのは、当時の僕はちょっと違うと思っていた。だからこそ高松の決定力は、大分では輝いて見えたはずだ。またボールを収めることができる唯一の選手だった。打点の高いヘディングこそ彼の代名詞であり、もっと左右ともに精度が高いクロスがくれば大分トリニータの得点数も伸びていただろうと、何度考えただろうか。

そして新潟から鈴木慎吾選手が加入したとき、僕の理想は具現化することになった。高松こそが僕の戦術論をかなえてくれる唯一無二の存在となった。サッカーの戦術を考えるのはとても楽しいことを、高松から喜びを得たことになる。

そういえば僕は、高松が初体験となった。初体験といっても、そのパォーンなものから受ける喜びではないが、かけがえのない喜びを知ることになった。自分が応援しているクラブから日本代表として選出され、試合に出場することがどれだけ素晴らしいことなのか。話題になった大分カルテットは元大分トリニータで構成されているが、高松は紛れもなく大分トリニータに在籍しているときに、キャップ数を記録した選手である。大分の少年少女たちがこの喜びを知ることこそが、大分トリニータ再建に必要な要素だと思う。

あのPK失敗は印象的だった。でも高松の失敗で降格ならまだ我慢できる。ミスタートリニータであっても降格は避けることはできなかったと、僕に遠い目をさせてくれる選手だった。「すまんな。ほんとごめん」と言っているような背中が忘れられない。トリニータの父である平松さんも亡くなり、その年に大分トリニータ全盛期を知っている選手が引退することになった。ひとつの時代の終焉となるだろう。

うまくいかないクラブに対して、「もうなくなってしまえばいいのに」なんて思ったこともたくさんあったが、高松が引退することによって、都合の良い望みが必然的に生まれることになる。クラブでミスターの称号を与えられた者は、指揮官として戻ってくるのがよくあるシナリオだ。

さよならミスター。また会えたら会おう。

日本人初の10番にキャプテンマークをつけさせた大分トリニータの決意

本当に良い試合だった。ゲームって生き物だと思えた。自分たちから仕掛けるという意志を持つプレッシング。特に前の2枚のチェイシングは気持ちが入っていた。それに連動して動く中盤と、モタモタしていないディフェンスライン。まるでプレミアリーグで快進撃を続けるどこかのクラブのような個々がチームのために犠牲になる気持ちが入ったプレスだった。

それは自分がやるんだという意志の表れでもある。若い前線の2枚は献身的に走り、両サイドは仕掛けようとし、ダニエルは経験を糧に、起点を作らせる前に果敢にラインを崩してまで潰しにかかる。相変わらずシュートは枠には飛ばないけれど、前半のスタッツから見ても長野を圧倒した。自分たちのかたちを作っていけば、枠に飛ぶようになり、ポストを2回も直撃するまで成長できる。90分のなかで成長しているチームを見ているような感覚のゲームで、心から面白かったと言える。

大分トリニータ史上初めての10番を付け、このゲームでキャプテンマークを巻いた松本昌也。前半カウンターからチャンス。左サイドから仕掛けてパスを出せる場面であったが、自らシュートを打ちに行った。「自分がやるんだ」という、このゲームで各選手たちが持っていた意志という面において、代表的であり象徴的なシーンであった。

ゲームキャプテンはチーム事情によって、そうせざるを得ないこともあるだろう。しかしなにも松本昌也でなくても良かったはず。なのに大分トリニータ史上初めての10番にキャプテンマークつけさせた。このゲームに掛けるなんらかの決意が、片野坂監督もしくはフロントにあったのかもしれない。初めての日本人でしかも大分出身の若き10番。こういう部分も大分トリニータは大切にしていってほしいと思う。「大分には大分トリニータがある」を復権させる布石になるはず。

長野の方も昇格を掛けたシーズンになるはずなので、このゲームへの意気込みがあっただろう。引いてきたことで、大分が主導権を握る形になり、正当な評価という点では、このゲームだけで大分トリニータを測ることなんてできない。ただこんなゲームをあと29試合することができれば、結果はついてくることを予感させるゲームをした。ここまで仕上げてくれた片野坂監督に、正当な評価を大分マスメディアは与えてあげてほしい。

評価と言えば、大分マスメディアを含めて、サポーターも正当な評価を選手たちにしてあげてほしい。「細かすぎて伝わりにくいこんなお前のプレー見ているんだぞ」を伝えることも、若い大分トリニータを育てるためには大切なことだ。細分化することでゲームが成り立っていることは誰の目から見ても明らかであり、それは否定できない。ゴールやアシストの数だけで評価するのではなく、ちょっとした気付きにくいプレーに、評価を与えるような大分であってほしい。

大分トリニータ今季のスローガン“原点回帰”から見る新体制の評価

大分トリニータ今シーズンのスローガンが「原点回帰」に決まった。原点回帰から見ると、“大分愛”に執着した新体制であることがわかる。片野坂新監督を初め首脳陣は、大分を知っているメンバーが揃った。榎新社長も、前社長の良かった部分である安定した経営を引き継ぎ、前社長にはなかったサッカークラブで重要な“クラブ強化”を明言してくれた。原点回帰は、大分トリニータを取り戻す意味合いが込められていて、評価したいスローガンである。

個人的には、ようやく地域クラブの意味合いを込める粋なことを、大分トリニータがしてくれたことに嬉しく思う。「日本人選手に10番を、特に大分出身者にこそ10番を」の想いを僕は今まで何度も綴っていたが、これが実現することになった。中津出身の松本が大分トリニータ史上初めて日本人選手が10番をつける。これこそ“大分愛”であり、大分FCの覚悟を見た。一時期地域クラブの星であり、そしてどん底を味わったクラブが息を吹き返す大分トリニータ夢物語の主人公となる選手に育ってほしい。20歳の大分出身者が付ける10番には、そんな願いも込められている。

しかし見方を変えれば、これが限界であることを証明した“原点回帰”となった。“大分愛”を全面的に出せば、このメンバーは必然的に集めることができ、そして10番を大分出身選手に付ければ、“大分愛”は容易かつ簡潔に見せることができる。片野坂新監督は3年連続コーチとしてJリーグ優勝経験をしているが、監督としての手腕は未知数であり、蓋を開けてみなければわからないことも多い。サポーターは長い目で片野坂監督を見守る姿勢も求められる。

ただ大分トリニータの戦術に一番欠けていた守備意識を植え付けるとするならば、最適な監督であると評価もできる。広島、ガンバ大阪と守備が硬く、リズムはディフェンスから作るサッカーを、コーチとして知っている監督であることを忘れてはならない。前監督とは違った守備を冒涜するようなサッカーは見られないと思う。そしてサッカー観が大変乏しく、大分県に新たなサッカー観を与えることができない大分マスメディアも、守備の概念という良い勉強ができる機会となる。

良いスタートを切りたいのであれば、開幕スタートは必至だ。片野坂監督は言う。「ピークを開幕に持っていくのではなく、戦う姿勢を見せる準備をする」。開幕でピッチに立つ選手たちがどんな姿勢でゲームに入るのかを注目してほしい。