セルジオ豊後論

大分トリニータJ1で3403日ぶりのホーム勝利 横浜をはめた戦術

前半決定的なシーンを2度逃し「今日はそういう日」の印象も受けましたが、横浜F・マリノスを戦術的にうまくはめてJ1で3403日ぶりのホーム勝利となりました。

勝因として横浜をうまくはめた戦術があげられますが、それを支えたのが縦に流動的に走るサッカー。また点を取らないといけない横浜F・マリノスを失点0に抑えた意識高すぎなディフェンスも評価できます。

続きを読む

大分トリニータがジュビロ磐田に勝利した6つのポイント

夜に浮かび上がるトリニータの看板

J1は街に大分トリニータをもたらします

ジュビロ磐田の前線からのプレスでバタバタした序盤でしたが、なんとか潜り抜けた大分トリニータ。J1復帰したシーズンは2勝で終わりましたが、まずひとつのノルマを3節で達成です。

ひとつひとつ着実にハードルを超えることが大切です。この継続がJ1残留に繋がり、順位も上がるのですから。謙虚にひとつずつ目の前の課題をしっかりとこなしていく姿勢。これがもう2度と失敗しない大分トリニータのスピリットでありコアになると信じています。

続きを読む

大分トリニータが松本山雅に屈した古典的とありがちな敗戦

歴史的とも言える鹿島戦勝利でJ1開幕スタートを切った大分トリニータ。このまま安定した勝ち点の積み重ねを期待できるように見えましたが、もはや伝統とも言えるような不安定なゲームをしたのがホーム開幕松本山雅戦となりました。

古典的とありがちな敗戦です。

続きを読む

大分トリニータJ1復帰戦アジア王者鹿島破るの衝撃

昇格した時に毎回感じたJ1の格。それをアジア王者の鹿島アントラーズから見せつけられると想像していたのですが、見事に裏切られました。

「こんなサッカーするんだ!」と、びっくりしたほどです。

落ち目のモウリーニョは自らをspecial oneと評したことがありますが、僕が見る大分トリニータはSpecial Theseと評したい。見事に裏切った大分トリニータに敬意を込めて。

続きを読む