大分桜通信0308 恋の始まりに疑問を持つ

  • Pocket

天気悪くて、僕がiPhoneで撮る写真の操作方法をよく知らないことで、すごい暗い写真になりました。デジカメや一眼レフで撮ろうかと思ったのですが、その周辺に女子高生が夕方のひと時を楽しんでいることが多く、“軽い事案”が発生しそうなので怖くて持ち出せません。なので使い方学びます。

iPhoneの方が、近づかない限り女子高校生らを安心させることができると僕は思っている。こんな風に気を使っている僕みたいな紳士もいるのだ。県の盗撮職員と一緒にしないでいただきたい。でもさ「あいつ何してんのwキモっ」とか、きっと思われてるんだろうね。ありがとうございます!

sakura030802sakura030803

例の3人。花芽が出ており、もうそろそろ蕾が見られそう。そりあえずこの子を集中して撮っていこうと思っています。

sakura030801

萌芽ちゃんと名付けてみたが、ひどくわかりにくい。昨日うまく話せたのに、今日はうまく話せないやきもきした気持ちに似ている。今日は見つけるのに苦労した。好きな子ってどんな空間に居ても見つけられるはずなのに、僕は見失いそうになった。

暗かったり、天気が悪かったりすると、芽の生長の確認さえも曇らせる。心を開いている予感を感じる瞬間というのは、やっぱり晴れた日や心が躍るような楽しいときだ。

明日というか今日は雨の予報。笑顔になる女子を観察するようにみる桜の観測だが、雨に濡れる女の子は見たくない。撮りに行くのが面倒ではなく、見たくないのだ。

  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す